インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

暇が多くまったりしていた試験監督バイト

私が考える楽なバイトとは、暇な時間が多いアルバイトです。そのようい暇な時間が多くラクだと思ったのは 試験監督のアルバイトです。
試験監督とは、模擬試験や資格試験などが予定通り遂行されるように問題用紙などの配布回収ををしたり、監視をしたりするという仕事です。私は大学の厚生課掲示板にて試験監督のアルバイト募集を知りました。それは私が通う大学で行われる資格試験の試験監督だったのですが、こんな身近なところでバイトできるんだと驚いたことを覚えています。
簡単な事前研修があった後、アルバイト当日を迎えました。その日は1つの講義室につき二人の試験監督で臨みました。一人はベテランの試験監督が正監督として注意事項をアナウンスしたり、時間になったら「始めてください」と合図したりしたりもしてくれました。
副監督である私はそれを聴きながら、正監督と協力して試験問題を配布したり後は見回りの作業を行ったりするわけです。試験が始まる前は独特の緊張感があり私自身も果たして大丈夫なのか?と不安を感じていました。
ただ、いざ試験が始まってみると何ということはありませんでした。正監督がベテランでしっかりしていたというのもありますけれど、とにかくやる仕事が少なかったです。試験が始まってから終わるまでの時間は、机と机の間は歩きながら見回りをするわけです。その主な目的はカンニングをしている受験生がいないかどうかをチェックするためでした。
ただ、カンニングをする受験生などよほどのことがない限りお目にかかれるものでありません。結局
カリカリ問題を解く受験生たちをボーっと眺めて2時間が終了。解答用紙などを回収すると枚数を数えて
試験監督の控え室に待機している係員に提出してその教科は終了となります
一日につきそんな感じで数教科の試験監督を行ったのですが、何ともまったりした楽なアルバイトだなと思いました。仕事をしている時間をより、どのように暇つぶしをしようか考えている方が長い。そんな楽な仕事でした。暇で暇で仕方がない時間帯もあり、そんなときは何度あくびが出そうになったか数え切れません とはいえ試験独特の緊張感の中で試験監督があくびをするというのは御法度なので、必死でこらえていたのを思い出します。
   (学生時代の楽なアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク