暇すぎる!お寿司の持ち帰り専門店バイト

私は今までいくつかのアルバイトを経験してきました。その多くは体力的にきつかったり、お店が混んでその対応に追われたりと大変な思いをするものでした。
そんなある時、私は知り合いの方からアルバイトをしてみないかと誘われて、お寿司の持ち帰り専門店でアルバイトをすることになりました。お寿司店のアルバイトと聞いて、大変そうなアルバイトだなと思ったのですが、知り合いのよしみもあり引き受けることにしました。
a0002_010960.jpg
アルバイト初日、緊張してそのお寿司店に行きました。忙しく走り回りいろいろな雑用をさせられて、ミスしたら怒鳴られたりもするんだろうなと考えてはビクビクしていました。ところが、先輩から「お客さんが来なくて暇だよ!適当に過ごしてていいよ」と言われました。「え?」と思ったのですが、今考えても滑稽な話です。先輩もとても優しく丁寧に教えてくださったので、職場としては問題はありませんでした。一通りのマニュアルを教えてもらい、いざレジへ立ちます。
しかし・・全然お客さんが来ないのです。「いらっしゃいませ~」と発声しても誰1人お客さんが来ないのですから何もやることがありません。そんなわけで、お客さんが来ない間は先輩と世間話で大盛り上がりすることに。先輩との話が楽しくなるとお客さん来ないでほしいなと思ってしまいました。
そうこうしている内に、いよいよ、お客さんがやってきました。張り切ってレジの対応をします。商品を袋に入れて、精算して「ありがとうございます」と声をかけました。さすがに緊張はしましたが、作業自体はとても簡単なものでした。このまま仕事に慣れていこうと気合を入れてレジに立っていたのですが・・その後もなかなかお客さんがきません。レジには来客数が表示されているのですが、ざっと見てみると、1時間に3.4人くらいしか来店していませんでした。
そんなわけで、私はその暇でそのお寿司の持ち帰り専門店で、楽なアルバイトをつづけることになったのですが・・朝開店してから夕方までに5人しか来なかった事もありました。そんなときは、売り上げが追いつかないということで、入っていたシフトがカットなんてこともありました。
ちなみに、私はそのお寿司の持ち帰り専門店でアルバイトをする前は、ファーストフード店でのアルバイトをしていました。そのファーストフード店は、お客さんがひっきりなりに来て目が回るほど大変な割には時給が安かったです。その日々と比較すると、お寿司の持ち帰り専門店のアルバイトは本当に暇すぎて・・こんなに楽な仕事があるんだと、ある意味、驚いてしまいました。
お客さんが来なくて、あまりにやる仕事がないときは、店外の掃除をやることもありました。お店の周辺の清掃をしていると、地域のおじいちゃんやおばあちゃんが通りかかり世間話が始まって緩い時間が過ぎたりしたことも。
何よりもアルバイトやパートの全員が仲良くて家族のような雰囲気だったため気楽でした。また、当時学生だった私は、学校の事やプライベートな事まで相談し合ったりと第2の家族のような空間でもありました。私は受験が近づいてきたのでこのアルバイトを辞めましたが、ここまで暇で楽なアルバイトには今後もなかなか出会えないのではないかと考えています。いろいろな意味で、良い経験をできたと思いました。また、今でも連絡を取り合うほど仲のいい先輩もいてそれも貴重な財産だと思っています。ちなみに、先輩の話によると、今でもそのお寿司の持ち帰り専門店の仕事は暇であくびがでて仕方ないそうです。
          (楽なアルバイトの体験談 10代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク