インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

暇だったカード入会案内のバイト

楽で簡単な仕事というと、真っ先に思い浮かぶのが、スーパーの「カード入会案内」のアルバイトです。
暇だったカード入会案内のバイト
新しくオープンしたスーパーの入り口付近での接客業務だったのですが、仕事内容はとてもシンプルなものでした。カード入会希望者にカードを発行すること(番号の控えのみ)と、サランラップ(粗品)を手渡すという、それだけの作業でした。そこでは、声出しの必要もないばかりか、ノルマすらもありませんでした。しかも、それを設置された椅子に座りながらする仕事だったので、ほとんど身体を動かすこともなく楽チンでした。
暇だったカード入会案内のバイト暇だったカード入会案内のバイト
そのスーパーマーケットは人の出入りもそれほど多くなかっただけに、私たちアルバイトに割り振られた仕事は驚くほど手持無沙汰になりました。接客するときがあるとすればカード入会希望の方が現れた時のみくらいでした。カードに入会される方は、1時間にせいぜい数人程度。ましてや私を含めた数人の受付アルバイトがいたので、ひとりあたりの仕事量はとても少ないものでした。そんな間にも、お弁当とお茶も支給され、時間つぶしに短い散歩までした覚えがあります。仕事中も休憩時間であるような錯覚を起こしてしまったほどです。ただぼうっと座っているだけでも、それが仕事。たまたま目に留まって応募したのがきっかけだったので、運が良かったとしか言いようがありません。
とにかくあまりに暇でやけに時間が長く感じたことを覚えています。それでも時給1000円と高単価でした。時給1000円といえば、仕事量が多くて心身ともにキツイ仕事くらいしか思いつかないので、これだけ楽に稼げるとは本当にお得なバイトだなと思いました。ただ、甘い汁を吸ってしまうと癖になってしまうのもあまりよくないかもとも思いました。なぜなら、暇で楽すぎる仕事に浸かってしまえば、他の仕事が割に合わないように思えてできなくなってしまうでしょうから。
                          (暇で楽な仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク