暇だったスポーツジムの受付バイト

私が体験した楽すぎる仕事は『スポーツジムの受付』です。学生だったときに週4日程、アルバイトとして勤務していました。
私は今に至るまで居酒屋、家電量販店、一般企業で勤務をしたことがありますが、そのスポーツジムの受付ほど楽で簡単な仕事はありませんでした。
a1180_001263.jpg
スポーツジムの受付といえばいろいろ覚えることがあって大変そうだと思われがちです。私もそう思っていたのですが、いざアルバイトを始めてみると、業務内容は1日あれば覚えられるような簡単な内容でした。
具体的には、会員のお客様がスポーツジムにいらした際にご挨拶をして会員証とロッカーの鍵を交換しお帰りの際に会員証をお戻しする。これが仕事の8割を占めていたのです。
あとは笑顔で挨拶して、ちょっと筋肉をほめたり、世間話ができる人であれば誰でもできる簡単なお仕事でした。
残りの2割の仕事は、体験希望者の方への施設案内、新規入会者の入会手続き、フロア掃除、物販の販売、忘れ物の管理など。どれらもストレスを感じる要素が一切ないほど楽で簡単な業務ばかりでした。
それでいて時給は900円となかなか良かったです。学生アルバイトだったので、社会保険や福利厚生などはありませんでしたがサプリメントなどは安く購入できるなどの特典はありました。
私がバイトをしていたスポーツジムの場合、午前中は主婦の方や年配のお客様が比較的多かったです。ですから、オープンの10時~11時くらいは少しバタつくことは時々ありました。しかしそれ以降の11時~15時くらいまでは、途端に客足が途絶え暇になりました。そんな暇な時間はやることがないですから、ひたすらボーッとするか会員さんとお話しするだけでした。
15時~18時にかけては幼稚園、小学生のスイミングスクールと体操教室があるため少々賑やかになります。そこではやはり忙しくなりますが、会員の小さい子が新しい種目にチャレンジしたり大会で入賞したりと近くで成長を見ることができるのは感慨深いものがありましたね。
18時~21時までは仕事終わりのサラリーマン、OLさんが続々と来店します。といっても、来店時間は集中しないのでのんびりまったり仕事ができる状況でした。
基本的に上司にあたる社員の方は、フィトネスのマシンがある場所かプールか事務所にいました。ですから受付はいつもパートかアルバイトのみの状態で、精神的に楽でしたね。もし社員の方がいれば、監視されたりネチネチ言われたりする可能性もあるわけですから。そんな点においても、そのスポーツジムでは気楽に仕事ができたと思います。
このスポーツジム受付の仕事を通して、成長できたことやスキルアップできたことはあまり思い当たりません。ただ、お気楽に仕事がしたい人やストレスのない職場でお小遣い稼ぎをしたいと考えている人にはピッタリな仕事場なのではないかと思います。
                                    (20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク