暇だった試験監督バイト

二年ほど前、私は青森県内で看護師の試験監督のアルバイトをしたことがあります。
b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_s.jpg
この試験監督のアルバイトがとても楽なアルバイトで印象に残っています。

スポンサーリンク



求人情報サイトのバイトルで短期バイトを探しているときに、たまたま、試験監督のアルバイトを見つけました。
青森県内の短期アルバイトにしては日給が妙に高かったので目が留まったのです。
バイトルで試験監督バイトを探す>>バイトル[試験監督]のアルバイト情報を検索
実際の試験日の数日前に募集会社の会議室に集まって、マニュアル等を渡されて当日の流れを確認しました。
その研修は当時自分が通っていた大学で行われるものだったのでアルバイトがしやすいと思いました。
仕事内容としては、基本的には3人一組となって、学生はサポート役としているだけ、というものでした。
スポンサーリンク



試験当日は試験会場に朝八時に集合しました。
その日の流れや同室を担当する3人組の確認などが行われ、その後、教室のセッティングを進めていきました。
ごみ拾いをしたり、机の中の教科書を撤去したり、注意書きなどを配布したりしながら試験開始時間まで待機。
試験開始時間が迫ってくると、注意書きを読み上げ、解答用紙と問題集を配布します。
そのあとは、午前中の試験時間の間ずっと立って見回っているか、前の教壇のところで立っているか、後ろに用意されていた(教室によっては前などにもある)いすに座ってみているか、のいずれかで三時間ほどいればオッケーでした。
トイレに行きたくなった人がいた場合は問題を閉じるように指示し、トイレの前までついていきます。
受験票の顔写真と受験者の顔を見比べること、終了後に解答用紙などを回収することをする以外は、ずっと立っているだけなので、寝ないようにするのが難しいくらいにすごく暇です(笑)。
解答用紙を集め終わった後は、試験監督室で枚数を改めて数え集めた用紙を提出します。
昼休みは配布された弁当を食べて、午後も午前中と同様の作業を続けています。
看護師試験は国家試験なので試験監督の立場であっても本や紙などの持ち込みはできず、三時間ほど時間を潰すことが本当に大変でした。
午後の試験が終了した後は、全体で問題集と解答用紙の回収があり、その枚数が揃っていればお開きとなります。
勤務時間は朝8時~午後5時と長時間にわたりますが、疲れ度合いからすると全く長いように感じませんでした。
勤務時間のほとんどはカンニングが起きないように見張っていることだけなので、誰でもできるような仕事だと思いました。
日給は8000円で時給に換算すると時給1000円ほどと、なかなか割のいいアルバイトでした。
バイトルで試験監督バイトを探す>>バイトル[試験監督]のアルバイト情報を検索
希望者には後日行われる別の国家試験の試験監督の募集も当日に行われ、更に稼ぐことができました。
その時自分は授業があってできませんでしたが、安定した企業からの募集で支払も後日振り込みだったこともあって、すごく安心してアルバイトすることができたことを覚えています。
  (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク