インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

暇つぶしをするだけ!?動物園バイト

私が高校生の時にやったアルバイトは、ものすごく楽でした。それは夏休みに友達から紹介された動物園での監視役のアルバイトでした。
暇つぶしをするだけ!?動物園バイト
友達からは最初は「デパートのレストランでウェイトレスの仕事、一緒にやろうよ」と誘われました。しかし、私はウェイトレスのように人と接したり食事を運んだりする仕事は苦手でした。しかし時給はなかなか高かったので、悩んでしまいました。
すると、友達は「もう一つおススメのバイトがあるんだけど期間が1週間だけなんだけどいい?」と言い、仕事内容を説明してくれました。私は友達の話を聞いて「これは楽なアルバイトだなあ!」と思いました。また、こちらも時給はなかなか良かったのでやってみることにしました。
それは、デパートの催事場で夏休みの期間だけ限定でやる、小さな動物園の監視役でした。その小さな動物園では、通路が迷路のようになっていたのですが、その途中に置かれた椅子に座って、監視をする。それが監視役バイトに課せられた仕事内容でした


平常は椅子に座っているだけですが、万が一何か不測の事態が起きたり異変を感じたら、すぐに主任さんに連絡をするという使命をがありました。ですから、アルバイト初日の1時間くらいは、何か大変なことが起きたらどうしよう・・?とドキドキ緊張しながら椅子に座っていました。しかし、何か異変が起きる様子もなく・・。結局、椅子に座って来場者の親子連れやカップルを見ているだけで1日が終わってしまいました。
仕事をしたというよりは、暇つぶしをしていたという感じでしたね。たまに全然人が来なかったりすると、フラフラと動物を見て歩いたりして一人で楽しんでいました。主任さんもすごく優しくて、しかも少々イケメンさんだったので、本当にラッキーな仕事を紹介してもらったなと思いました。
動物園での監視役バイトの勤務時間は朝10時からだったのですが、ギリギリに行っても何も文句も言われずでしたし、お昼休憩も自分で行こうと思った時に行くことができました。帰りは他の人たちは何時までやっていたのかはわかりませんが、私は塾通いをしていたため、18時で帰りたかったのでその時間であがらせてもらっていました。
動物園のチケットのもぎりも、見ていて面白そうだと思ったので、それもやらせてもらったりしました。でも私の仕事は座っての監視だったので、ほとんどは椅子に座ってましたね。とにかく暇で暇で・・そんなのんびりしているを通り越した楽なアルバイトでした。
私はこのアルバイトをとても楽なアルバイトだと感じました。アルバイトなのに頭も体も何も使うことがなくて、時給が高くて最高だと感じたからです。ただ、あまりに暇すぎるため、人によってはつまらないと思うかもしれませんね。
ちなみに、このアルバイトを紹介してくれた友達は、同時期にウェイトレスのアルバイトをしていました。時給は私と同じでしたが、仕事内容は立ちっぱなしですごく忙しくて大変だったようです。
   (学生時代の楽なアルバイト体験談 50代女性)

スポンサーリンク