インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

暇でとにかく楽だった雑貨屋バイト

私は大学1年から3年まで、近くの商業施設にはいっている小さなアメリカン雑貨を扱う店で、アルバイトをしていました。その商業施設自体には子供連れの家族が多く、それなりに活気がありました。しかし、私の働いていた雑貨店は、マニアが好みそうなヴィンテージグッズのみを取り扱っていたこともあり、お客のさんの数がとても少ない状況でした。どれだけお客さんが少ないかというと、3時間に1組来るか来ないかという程度だったのです…。
暇でとにかく楽だった雑貨屋バイト
商業施設の客層が違っているため、商品も売れない状況がつづいていたのですが、店長自身、「この店は趣味だから」というようなスタンスでノホホンと営業していました。ですから、私たちアルバイトはすべき業務もほとんど無く、先輩となんとなく雑談をしていたら終了…みたいなぬるすぎるバイト生活を送っていたのでした。
その雑貨店でのバイトメンバーは私と先輩2名と店長の4人体制で交代しながら店番をしていました。基本的には、店番は1人でしていましたね。アルバイトがスタートしてから1-2ヶ月経ち、仕事にもひと通り慣れてくると、私も店番を1人で任されることも増えてきました。
そうなると、最初は気楽で居心地が良かったのですが、少しずつ苦悩するようになりました。というのは、しゃべる相手がいないと、時間が全く経たないことが分かったからです。結構時間が経ったかなあと思って時計を見ても、「まだ5分しかたってない?!」というような感じに・・。
私がその雑貨店でのアルバイトに慣れてきた頃、マイケルジャクソンが急死したというのが世界的な話題になり、店では毎日のように「this is it」のDVDを繰り返し上映していました。私はマイケルジャクソンにそれまで全く興味が無かったのですが、全曲覚えてしまい、かつファンになってしまったということは言うまでもありません。あまりに仕事が暇で、そのマイケルジャクソンの「this is it」DVDを丸一日観ているという状態だったのですから・・

暇を持て余し、そろそろダンスを覚えてやろうかと画策していたそんなある時、先輩に何気なく、「先輩はどうやって時間を潰しているんですか?」と聞いてみました。すると、「基本的にはネットサーフィンやってるかな」という、驚きの回答が返ってきたのです。そんな仕事と関係ないことをやるなど、今なら絶対に問題になってしまうでしょうが、当時はSNSもそこまで主流にはなっていなかったこともあり、先輩たちはネットで暇つぶしを行い、只々時間が過ぎるのを待っていたのです。その後は私もバイト中にネットサーフィンを行ったり、絵を描くのが好きだったこともあって店中の全商品にPOPを作成したり…と暇つぶし蘇生術を身につけていったのでした。
そんな暇なバイト生活を送っている最中、働き始めて2年半の歳月が経過した頃、そのお店は突如、閉店することになってしまいました。理由は言うまでもありませんが、経営不振のためです。毎日の少ない売り上げを考えれば、潰れてしまっても無理はなかったなと思いました。
その後、私はいろいろなアルバイトをすることになったのですが、あんなにもユルいバイトに出会った事はありません。ただ、個人的にはそれで良かったと思っています。というのは、その暇すぎるバイトを辞めてから、確かに働くことは辛くなったのですが、その代わりに充実感を手にする事が出来たからです。ちなみに、長はというと、ユルいアメリカンBARをその後オープンし、ネットサーフィンをしながら、マッタリと働いているそうです。
                              (暇で楽な仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク