給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

暇でやることがない経理補助の仕事

a0960_003686.jpg
私は以前、派遣会社に登録して、経理補助の仕事をしていたことがあります。この仕事が本当に毎日暇で楽でした。

スポンサーリンク



一体どれだけ暇で楽だったかというと、特に毎日やることがないため、朝からネットサーフィンで時間をつぶしていたほどです。
仕事はあるにしても、毎日1時間仕事があればいい方でした。
この派遣の仕事が始まった頃は経理伝票の整理をしたり、社内便を届ける仕事をしたりもしていました。
しかし、その仕事さえも「派遣さんに申し訳ないから」という職場上司の意向でなくなってしまいました。
電話もほとんど鳴ることもがなく、暇でやることがない時間が延々とつづく日々。ですから、私は毎日ネットでニュースばかり調べていましたね・・。
もちろん仕事として必要なことではなく、暇つぶしをしていたわけです・・。
スポンサーリンク



一般的には、経理補助の仕事といえば、月末月初が忙しく、残業することもあるような話をよく聞きます。
しかし、私が派遣されたその会社では、経理の繁忙期でさえも、そう忙しくありませんでした。残業はおろか慣れてきたら暇な時間ができるほど。
掃除か何か探せばすることはありそうなものですが、私の派遣された会社は小さな会社なのに、清掃のおばさんも雇っていました。
ですからお掃除など雑務もほとんどすることはありませんでした。
なお、暇でやることがないというのは、私たち派遣社員に限った話ではありませんでした。
社員さんの中にも何人か暇な人がおられた感じでした。そんなこともあってか、消化訓練などが就業時間中にあったり、年末でないのに大掃除があったり、何かとイベントが催されていましたね。
派遣社員はそういったイベントごとには、時給が発生するからという理由で参加させない企業が多いと聞きます。それがむしろ当たり前のことだと以前は考えていました。
しかし、私が派遣されたそこの会社では「派遣さんもぜひ参加してください」と誘われていました。消火訓練では、消火器の扱い方をじっくりと教えてもらいました。
あと、数名の社員さんが就業時間中に姿を消していることも・・。そういう自由でまったりした職場なので、職場の人も本当に温厚で、とても働きやすい職場でした。
今まで派遣会社を通していろいろな職場に行きましたが、ほとんどの職場では、残業するほど忙しく働いたにも関わらず大切にしてもらったことや感謝してもらうことはありませんでした。
一方で、その職場はほとんど働いていない私にまで感謝をしてくれました。とてもありがたい職場だったように思います。
派遣社員だけでなく、社員さんも仕事に追われていなかったため、ギスギスした人間関係がほとんどいなくて、みんなとても温厚な人ばかりでした。
違う部署の方もとてもいい人ばかりで、飲み会があれば、みんなが気軽に誘いあうという良い雰囲気でした。
時にはタクシーに乗りあって飲み会に行ったりすることもありました。今考えても、とても和気藹々とした職場だったと感じます。
しかしながら、それからその小さな会社は大きな企業と合併することとなり、その会社が移転。派遣先にその会社はなくなってしまったのでとても残念です。
            
   (楽な仕事の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク