暇で楽すぎた家具展示場の受付業務

私は以前、派遣の仕事で家具の展示場の受付をしていたことがあります。勤務日は毎日というわけではなく週末だけでの仕事だったのですが、その仕事内容というものがかなり楽でした。
a1180_014434.jpg
日給は5千円と少なめではありましたが、仕事をしているという感覚が全くなかったといいますか・・ただその場所に行ってお金をもらっていると感じるほど楽な仕事でした。
労働時間は9時から17時までと決められていましたが、お客さんが来ることがほとんどなかったので、ただ椅子に座って暇をつぶしているだけといった状況でした。
お客さんが来ないからといって何か別の仕事を与えられるというわけでもなく、何もしていないからといって注意されるわけでもなく・・本当にこれでお金をもらっていいのかな?とこちらが不安になる程の暇さでした。
あまりに仕事が暇で楽すぎたので、一度だけ心苦しくなって担当の人に「何かお手伝いできることはありませんか?」とと聞いたことがありました。すると、担当者の人から返ってきた答えはこうでした。
「何もないから大丈夫。自分の好きなことをしていて良いですよ。」
ちなみに、私がこの受付の仕事をする前にここに派遣されていた女性がいたのですが、その時もやはりお客さんは来ず、その人は一日中資格の勉強をしていたそうです。
朝は9時という比較的ゆっくりとした出勤で、出勤してからも特に何もすることがなく、ただ自分の好きなことをして過ごす。それでもお昼になると一時間の休憩がある為、のんびりとお弁当を食べながら過ごし・・。
午後は眠気と戦いながらまた暇な時間を過ごす・・そんな、全く仕事とは呼べないような仕事内容でした。それでも日給5千円はきちんと貰えていました。こんなに楽なのにお金を貰っていいものかと心苦しさもありましたが、時間を拘束されているということは一応働いていることになるのだと自分に言い聞かせて、いつもお給料をもらっていました。
私はこれまでにもここの他に色々な派遣の仕事をしてきましたが、ここ以上に楽だった仕事はありません。長期ではなく単発の派遣の仕事も多くやってきた為、「今日の仕事は楽だったなあ」と感じることは何度かありました。しかし、ここ以上に楽だと思える仕事はありませんでした。
世の中にはこんなに楽をして稼げる仕事もあるのだなとしみじみ思いました。
                 (30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク