インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

暇な時間が多かった!美術館監視員バイト

私は学生の時にいくつかのアルバイトを経験しました。そのなかでもこれは楽な仕事だなと思ったのが美術館での短期アルバイトです。
暇な時間が多かった!美術館監視員バイト
仕事場は、美術館で催される美術展会場です。その仕事内容は、入場者のチケットを確認してパンフレットを渡ししたり、美術館の中を歩いてゴミを拾ったり、撮影禁止の場所で撮影している人がいないかをチェックしたり、美術品が揃っているチェックしたりするなど・・と多岐にわたっていました。私達学生の短期バイトが主に担当したのは監視業務でした。
どうして私はこの美術館でのアルバイトを楽な仕事だと感じたのかというと監視業務は仕事の多くが座り仕事だったという点です。監視業務では、展示室の端っこに置かれている椅子に座ってその美術品の安全を守るという作業をおこないました。例えば子供が走っていたりしたら声をかけに行って注意すると言ったようなことををするわけです。
美術館での仕事は美術に造詣がなければつとまらないのでは?と思われがちですが、少なくとも美術館監視員の仕事はそんなことは全くありませんでした。お客様に何か質問されることがあったとしてもトイレの位置ですとか美術展が催されている日時ぐらいのものでした。
もし仮に美術品についての専門知識を知りたければ、館内にしている学芸員さんを呼び出して対応してもらうという感じでした。はっきり言ってこんなに楽な仕事が世間にはあるのだなあ!というふうに驚いてしまったの覚えています
また、土日祝日はそれなりに美術館には人は来ますけれど、平日となると客数は激減します。そんな日は展示室内にいてもお客様が全くいらっしゃらないという時間も結構ありました。そんなときは、監視しようもないわけですから、椅子から立ち上がってぶらぶら展示室内を散歩したりしながら時間つぶしをしていたことを思い出します。
そんなときはあまりにも暇すぎて時間が過ぎるのを遅く感じましたけれども、美術館の中は温度は湿度がしっかり管理されていますし何とも快適な時間ではありました。ただ、快適過ぎて眠たくなってしまうという難点はありましたが・・。
美術館での仕事は美大にでも通っていなければなかなか募集を見かけないレアなアルバイトかもしれません。ただ、もし見つけられたら皆様も是非行ってみてはいかがでしょうか。こんなに楽なアルバイトは他になかなかないと思いますよ。
    (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク