暇な楽な派遣事務の仕事で考えたこと

a0002_001028.jpg
私は以前、派遣会社に登録して派遣社員としてある会社で働いていました。その仕事がとても暇で楽な仕事だったので今でも強い印象に残っています。

スポンサーリンク



急遽前任の方が退職されるとので、派遣会社の営業担当から急遽私に紹介してくれたのが その会社での派遣社員の仕事でした。
引き継ぎ期間はたった2日間しかないとのこと。
派遣の仕事にはたまにハズレの仕事がある為(働いてみたら聞いていた内容と違う等)、そんな急ぎの事情と聞いて、私は身構えました。
そんなに急に辞める人がいるということは、おそらくしんどくて忙しい仕事なんだろうな・・と想像したからです。
しかし、派遣会社の営業担当者に「時間がないので、なんとか・・」とお願いされたこともあり、渋々引き受けることにしました。
ただ、実際に派遣先の会社に出向き仕事がスタートしてみると、忙しいのは最初だけでした。
忙しいと感じたのは、1か月間くらいでしょうか。それには理由がありました。
それは、引き継ぎがたった2日間しかなかったので、あまり細々したことが聞けず、少ししたことがどうしていいか分からず立ち止まってしまうということがしばしば発生したのです。
例えば、請求書を作成するときも、あちこちファイルを探したり、データがどこにあるか探したり・・
前任者に聞ければすぐに分かってしまうような内容も、引き継ぎ期間が終わり頼る人もいなくなってしまった以上、そういったことを処理するのに時間を費やさざるを得ませんでした。
ただ、それらの作業は一度慣れてしまえば簡単なものばかりでした。その会社に派遣されてから1ヵ月が経過した頃には、逆に仕事が楽すぎて何しようと悩んでしまうようになりました。
スポンサーリンク



私はその派遣先の会社で事務を担当していました。
忙しいのは請求書を作成する時くらい(忙しいと言っても慣れてくれば1日もかからないような作業ですが・・)。それ以外の期間は、仕事量がとても少ない職場でした。
営業マンたちは朝から出て行ってしまうので、会社内に残っているのは社長と私くらいという職場環境も気楽なものでした。
しかも社長は午前中は殆ど出社されないことから、午前中は社内にひとりだけという職場環境で、誰にも気を使うことなくゆったり時間を過ごすことができました。
電話が鳴ることも殆どなく、鳴ったとしても営業マンから社長への伝言ということで、それをメモして社長に伝えるだけで十分でした。
私がやっていた主な仕事内容は請求書の作成とファイリング。勘定科目の入力等でした。どの作業も、少し教えて貰えれば誰でも出来るような単純で簡単な作業ばかりでした。
その派遣先の会社は、普段でものんびりした職場でしたが、暇な時期になると、さらにまったりしたムードになっていました。
そんな時期は、社長も半月ほど旅行に行ったりしていて、一日を通して、誰も監視する人がいなくなるだけに、かなり自由にゆったりと羽根を伸ばさせていただきました(笑)
時には、1日中、何もすべき仕事がないなんて日もありました。
そんな日は、ただただファイルを整理したり、掃除したりしていましたが、掃除する場所もなくなり、ファイルもきちんと整理されてしまうと…やる事がなくて逆に困り果ててしまいました。
ですから、暇つぶしに、社長がDVDを借りてきて映画鑑賞なんて事もありました。
世間には忙しい職場が多く、なかなかこういった暇で楽な仕事に出会う事はないと思います。私の場合、暇な時間を有効に使おう!と思い、資格の勉強も仕事時間中にやっていました。
途中からは、仕事に行くというよりも、むしろ図書館に勉強に行くような感じになっていましたね(笑)
ただ、それは社長が大らかでいろいろな理解がある人だったお蔭だと思います。
もともと、仕事が暇というのを社長自身も理解されていて、「暇なときは本読んだり、携帯見てたり、勉強したり、好きな事してて良いよ」とあらかじめ言ってくれていたのです。
ですから、私は暇な時間は、堂々と資格の勉強などにも励むことができていたのです。ちなみに今は、念願の資格を取得できたのですが、その時期に勉強させてくれていたお蔭であることは間違いありません。
「何でも1人でやらなきゃいけない!」と考えるとどんな仕事も難しく思ってしまいますが、ひと通りざっと経験してしまえば、ある程度はルーティンワークになり、意外と暇な時間も作りやすくなると思います。
最初は不安でいっぱいの仕事でしたが、働き始めて3ヵ月目くらいになると、時間が余りすぎて時間の使い方に困ってしまいました(笑)
あとは、その暇な時間をどう有効に使い将来につなげていくかも重要なポイントだなと思います。
       (楽な派遣の仕事の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク