本屋でのアルバイトはいろいろラク

私はフリーター時代に本屋でアルバイトをしていましたがラクでした。仕事内容のメインはレジ業務です。レジでは本にカバーをしてお金のやりとりをする作業を行っていました。レジ業務を担当しない時は、品出しをしたり、本の返品作業をやっていました。
a0150_000136.jpg
いずれの業務も一度基本的な作業方法を覚えると、新たに覚えることもなく楽な作業でした。特に力仕事があるわけでもなく、本の発注など少し複雑な作業は正社員スタッフがやってくれていたので、バイトは単純作業を繰り返すだけでした。
本屋でのアルバイトを「楽な仕事」にしようと思うならば。ねらい目はあまり小中規模の書店を選ぶことです。大型書店の場合、お客様の数が多くて忙しい傾向が強く、「○○の本はどこにありますか?」なんて聞かれたら、回答するには全コーナーをひととおり把握しておく必要があり大変。一方、小中規模の書店の場合、お客様の数は少ない
傾向がありますし、暇な時間が多くある書店が多かったりします。
本屋でのアルバイトは、時給面でいえば800円~1000円くらいとそこそこだと思います。ただ、その楽な仕事内容からすると、満足いくものでした。私はもともと本を読むのが好きなので、品出しをしながら新刊の情報を得られるというのもうれしいことでした。勤務中に、「あ、この作家さん新刊出してる!」みたいに読みたい本を発見し、バイトが終わってからよく本を買っていたものです。本屋のなかは冷暖房が効いていて、真夏だろうが真冬だろうが快適にアルバイトをできたというのも良かったです。
本屋でのアルバイト求人は求人情報サイトにもほんのときどき載っているのを見かけますが、非常に少ないと思います。ただ、本屋の壁などに張り紙をして人材募集をしているケースが結構あるので要チェックです。
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク