条件が揃えばスーパーの仕事はラク

仕事といえば一般的には厳しいものですが、探せば世の中には楽な仕事というものはあると思います。
a0002_001257.jpg
楽な仕事といえば、私がずっと前にやっていた某スーパーマーケットでのアルバイトもそうでした。スーパーマーケットなど小売業と聞くときついイメージがあり確かにそれは間違っていないのですが、ある条件がそろえば非常に楽なのです。
そのある条件とは「人が少ないのに売り場が広い」という条件です。
この条件が満たされたスーパーマーケットのアルバイトは、あまりやることがありません。最低限の売れ筋の品物(トイレットペーパーなど)だけ補充しておけば、後は何もしなくても問題はないのですから。
そもそも私がいたスーパーマーケットは人の出入りが少ないないので、いちいち監視されたりしないのです。特に、上の責任者が帰ってから閉店するまでの間は特にサボり放題です(さぼるというより、やることがないのです)。自分が売り場の責任者になるわけですので、誰かに強制されることもなくストレスも全くたまりませんでした。
実際に私がその某スーパーマーケットで働いていたとき、正規の休憩時間を含めて勤務時間の3分の1くらいはやることがなかったように思います。お客が少ないときは、勤務時間の半分ほどということもありました・・。
そんな状況でも上から特に何か言われたということはありませんでした。上の人は忙しい上に余裕がないので、
下のバイトなどいちいち気にしてられないのでしょう。また、実際にそのスーパーマーケットではやることがないのですから言いようがなかったのかもしれません。
結果的に、私はそのスーパーマーケットでストレスがほとんどなく楽に仕事をすることができました。ただ、私のいたスーパーは例外かもしれません。というのは、他のスーパーマーケットで働く友達からは、上の人がしょっちゅう廻ってきて監視されるという話を聞いていましたから。また、売り場が狭いところや、スーパーマーケットでもレジの職種などはやはり気を使いますし、大変だと思います。条件さえ揃えば本当にスーパーマーケットの仕事はラクチンだなと思いました。それを私は実際にスーパーマーケットのアルバイトをしてみて身を持って知りました。
                                    (30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク