インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

来店客の少ない、暇な喫茶店バイト

以前、個人経営の喫茶店でアルバイトをしていたことがあります。喫茶店のアルバイトというのは大変当たりはずれが多く、忙しいお店だと本当に忙しいという話を聞きます。
来店客の少ない、暇な喫茶店バイト
が、私がアルバイトしていたお店は、本当に暇なお店でした。
社長はいくつもお店を持たれていて、新しいお店を立ち上げるのが趣味という感じのちょっと珍しい人でした。
私がアルバイトをしていた喫茶店は、オープンしたばかりということもあって全然お客様がいらっしゃらなくて、平日の昼間となると1人もお客様が来ないという日も珍しくありませんでした。
お客様が来店されない時間帯はただひたすら立っているだけでした。もちろん表に出てお客さんに声をかけようとするわけですが、平日の昼間となると、人通り自体が全くといっていいほどありませんでした。
暇な時はとりあえず、細かいところの掃除をします。空調や冷蔵庫などのフィルターを外して、きれいに洗います。グラスはいつもピカピカに磨き上げられていますし、すぐに汚れるガスコンロや流しも常にきれいな状態です。掃除も終わってしまい、それでも暇でやることがない時は、先輩が「コーヒーでも飲む?」と言って、缶コーヒーを買ってきてくれ、ひどい時は座って話しながら飲んでいました。料理担当の人と新作メニューの研究と称して、余ったもので料理をしたり、お菓子を作って食べたりしていたこともあります。
あるいは、私は当時学生だったこともあり、試験が近い時などは「試験勉強していてもいいよ」と言われたこともあります。もちろんお客様が来店されたらすぐに試験勉強をやめ、きちんとご案内できるようにはしているわけですが。
といっても、お客様が来店されたとしても、1人~2人など少人数なのでやる作業もしれています。お水を出してオーダーを取って、料理を運べばすぐにやることがなくなってしまうからです。お客様が店内にいらっしゃるときは、カウンターの裏でお客様の様子を見つつ、やる仕事がないのに何か作業をしているようなふりをしていましたね。
私がアルバイトをしていた喫茶店はアットホームな雰囲気の喫茶店でしたので、時にはお客様とお話することもありました。地元の話で盛り上がり名前を憶えて頂いたり、「また来るね」と言って頂けたときにはとても嬉しかったですね。それにしても、こんなに暇で気楽な仕事は今のところ他に経験はありません。
                                  (20代女性)  

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク