給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

東京で仕事と住まいを同時提供Tokyo Dive

地方に住んでいるけれど、東京で働きたいと考える若者はたくさんいると聞きます。しかし、その思いを実現できる人は決して多くはありません。その理由は、いざ東京で就業をしたくても、いろいろなハードルがあるからだと思います。そのなかで一番ネックとなるのは「住まいはどうするの?」ということではないでしょうか。
f83982a32f4dab3a0167324aa1250ebd_s.jpg
東京は地方と比べて家賃も高いですし、敷金・礼金など初期費用が30~60万円ほどかかると言われています。東京で仕事探しをするだけでも大変なのに、さらに賃貸住宅も探さないといけないとなると多大なエネルギーと資金を要するというのが現実です。
そんな事情から「東京で働きたい」という思いを断念せざるをえない若者がいるとすればそれは、非常に惜しいことだと言わざるをえません。
そんな、東京で働きたい地方在住の若者の願いを叶えようと、人材派遣会社の株式会社アプリが「就業」と「住まい」の同時提供を行うサービス【TokyoDive(トーキョーダイブ)】をスタートしました。
株式会社アプリは、2002年から地方観光地のリゾートバイト(リゾートホテル、旅館、スキー場など)を紹介する「アプリリゾート」を展開。5万人以上をトータルサポートしてきた実績があります。次は東京で働きたい地方在住の若者をサポートしようと舵を切ったわけです。
【TokyoDive(トーキョーダイブ)】に登録しておけば、専門の採用コーディネーターがつき、「仕事の紹介」から「住まいの紹介」までトータルサポートしてくれます。東京での生活に関して抱いている不安や心配事についても相談に乗ってくれるので、安心して仕事に専念することができそう。


「仕事の紹介」については、正社員、派遣、紹介派遣などいくつかの雇用形態から自分の働きたいスタイルを選択することができます。紹介先は、一般企業(営業、事務、コールセンターほか)、アパレル店、ホテル、レストラン、エステ店、物流センター、家電量販店など。紹介してもらえる職種の選択肢が多いだけに、自分の適性に合った仕事を選ぶことができそう。
「住まいの紹介」については、登録者の負担を極力減らすことが第一に考慮され、紹介してもらえる物件は何と、敷金・礼金・紹介手数料が0円!しかも家具・家電が備わっているのです!つまり、登録者は初期費用がほぼ0円で入居したらすぐに新生活をスタートすることができるというわけです。紹介物件については、株式会社アプリが提携している賃貸住宅会社(レオパレス(物件数42000件)、シェアハウス(物件数6000件))から選べるので自分に合った住まいが見つかりそう。東京での1人暮らしが不安な人、友達を作りたい人には「シェアハウス」という選択肢があるのもユニークです。
「東京に出て働きたいけどお金がなくて・・」「東京でチャレンジしたいことがある」と考えている地方在住者は、とりあえずTokyo Dive(トーキョーダイブ/東京ダイブ)に無料登録をしておけば、道が開けるかも!
Tokyo Dive(トーキョーダイブ/東京ダイブ)への無料登録はこちらからどうぞ
>> 東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク