東京都内のカフェバーでのアルバイトは楽

私は友達の紹介で、東京都内にあるカフェバーでアルバイトをしていました。そこは60歳くらいのマスターと、私達アルバイト数名で切り盛りしているオシャレな感じのバーでした。
カフェバーにはピアノが置いていました。アルバイトのなかにはミュージシャンをしている子もいたのでそのピアノで生演奏をすることもありました。また、私も趣味でボーカリストもしていたので、そのカフェバーにあるカラオケやピアノノン伴奏に合わせて歌うこともありました。
a0790_000231.jpg
そのカフェバーの常連客はみんなボトルキープをしている人たちばかりで、私はそのウィスキーを水割りかロックかソーダ割りといったものを作る仕事を任されていました。
カウンターに座る常連さんはマスターと飲みながら話すというスタイルで、私たちアルバイトは、それにうなずきながら話に混ざる程度でよかったので楽でした。
私は元々お酒が大好きなので、いつも常連さんにお酒をごちそうになれたので嬉しかったです。
そのカフェバーは繁盛店ではなかったので、お客さんが全く来ない日も多々ありました。そんな日は閉店時間まで、マスターと会話を楽しんだり、テレビを見たりしているだけでした。飲食店にありがちなドロドロした人間関係もなく、家族のような雰囲気でした。カフェバーでのアルバイトは楽ちんな仕事だったのに、時給は1000円を越えていました。時には芸能人も何人か来たこともあって、一緒に飲んだりでき良い思い出にもなりました。
    (楽なアルバイトの体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク