インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

棚卸バイトは簡単で楽なバイト!

私は大学時代に数多くのアルバイトを経験してきました。キツて忙しいバイトもあった一方で、簡単で楽なアルバイトもいくつかありました。簡単で楽なアルバイトといえば「棚卸バイト」を思い出します。
棚卸バイトとは、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで商品の在庫をカウントするバイトのことです。私がよくやっていたのは夜勤で夜から朝までかけて量販店での商品カウントをするというものです。
在庫数を数えるというと大変そうなイメージがあるかもしれませんが、ハンディターミナルと呼ばれるバーコード読み取り機を使うので簡単そのものです。また、商品の搬入搬出をするわけではないため、重たいものを持つような場面も特にありません。
棚卸バイトは簡単で楽なバイト!
棚卸バイトの勤務開始時間は、基本的に店が閉店してシャッターを閉めた後(22時ですとか23時)からということになります。それから翌日の早朝までに在庫を一気にカウントするわけです。量販店となると商品の数は膨大になるわけですが、数10人というアルバイトが雇われており分担して数えるので楽です。
立ち仕事とはなりますが、作業自体があまりに簡単なので、しんどいと思ったことは一度もありませんでした。また、夜勤ということもあり時給も割高で日給は9000円ほどあり十分満足いくものでした。
夜勤の棚卸バイトでさらにラッキーなのは、全商品がカウントし終わったら終了となる点にもあります。例えば、以前、朝7時までの勤務時間のとき、夜4時に全ての商品カウントが終わったということがありました。そのとき、私たちアルバイトスタッフはその時点で勤務終了となりました。しばらく時間をつぶした後、始発で自宅に帰ったわけですが、日給は丸々もらえてラッキーでした。時給換算したら割高になってお得感がありましたね。
棚卸のバイトは、意外と募集されていたりします。私の場合「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】棚卸バイトは簡単で楽なバイト!」に登録してフリーワード検索で「棚卸」で調べて探していました。棚卸バイトは未経験者でもすぐに慣れてしまう簡単な仕事内容ですから、興味ある人は、お気軽に取り組んでみられてはと思います。
(商品の在庫数をカウントするだけの簡単バイト!「棚卸バイト」の体験談|20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク