関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

楽しかった居酒屋でのアルバイト体験談

私は短大時代に、居酒屋でアルバイトをしていました。短大の友達と一緒に新規オープンのお店を選んで応募し2人とも採用されました。
27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s.jpg
その居酒屋のあるまち大学・短大が多いエリアだったこともあり、アルバイトも同世代の学生ばかり。人間関係も楽で働きやすかったです。アルバイト仲間だけでなく社員さんも、明るく、気さくな人が多かったですね。
居酒屋バイトで主にやっていた仕事内容は、居酒屋ホールでの接客でした。私にとってその居酒屋バイトは人生初めてのアルバイト。もちろん接客のお仕事も初めてでした。それだけに最初はとても緊張し戸惑っていましたが、慣れてきたらとても楽しく仕事をすることができるようになっていました。
お客さんがオーダーするメニューを厨房に注文を入れたり、できあがった料理をお客さんの元まで運んだり。時には、自分でドリンクを作ることもありました。それも意外と楽しい作業でしたよ。
居酒屋はお酒のほか料理も多彩で、次から次へとオーダーが入りますが、一つずつ確実にこなして慣れていきました。そうすることで自分のペースで仕事ができるようにもなりました。
時には、洗い場に入って、運ばれてきたお皿を洗うこともありました。皿洗いは黙々とただひたすらお皿を洗っては食洗器に掛け、片付けるだけ。気楽にできる作業でした。
私がアルバイトしていた居酒屋は2階建てで、二階では宴会をやるお客さんを案内することが多かったです。宴会があるときは2~3人のスタッフが上に上がり、接客をしました。お酒好きの陽気なお客さんが多くて、働いているこちらも楽しかったのを覚えています。
宴会は大量のオーダーがでるため片付けも大変でしたが、みんなで協力して一気に片付けるとあっという間。そういった協力し合って進める作業は楽しいなと感じました。それも、アルバイト仲間、社員さんも良い人ばかりで人間関係が良好であったゆえだと思います。サボって輪を乱したり傍若無人にふるまったりする人はひとりもおらずおらず、スタッフ同士、常に笑顔が絶えない居酒屋でした。
居酒屋でのアルバイトは仕事内容だけきりとったら忙しくて大変な仕事かもしれません。ただ、人間関係が良好な職場は、大変でも楽な仕事に感じるんだと実感しました。大学生・短大生が多く、働いており話も合いましたし、みんな元気で楽しかったです。社員さんとも仲が良く、楽しく仕事をすることができました。仕事が終わってから、みんなで遊びに行くこともよくありましたよ。
あと、居酒屋でのアルバイトは接客をしながら、お客さんと話す機会もよくありした。本来、あまり口数の多い方でない私ですが、大学生の常連さんたちが気さくに話しかけてくれただけに、より一層楽しくアルバイトをすることができました。短大を卒業して10年近い歳月が流れますが、今思っても、いいアルバイトだったなと思います。私はその日々を通して、アルバイト選びは、時給など待遇面だけでなく、人間関係が楽であるということも重要だと知りました。人間関係が楽なら、仕事が忙しくて大変でも、意外と楽な仕事だと感じやすいからです。
その職場の人間関係が楽かどうかは、その空間にいれば何となく分かるものです。人間関係が良好な職場は、スタッフ同士の笑顔が絶えずそれぞれノビノビ楽しそうに仕事をしているのが外部にも伝わります。ですから、もし飲食関係のアルバイトをやろうと思う人は、まずはお店にお客として入店してみて、職場の雰囲気を感じてみると失敗が少なくなると思います。
    (人間関係が楽なアルバイト 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク