就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

楽して稼げたお仕事3選

私はアルバイトも含めいろいろな仕事をしてきました。中にはキツいのに給料が安い仕事もありましたが、一方で「え?こんなに楽でいいの?」と思うような楽して稼げた仕事もありました。そこで今回は、自分なりの「楽して稼げたお仕事ランキング」ベスト3を発表したいと思います。
私が選ぶ「楽して稼げたお仕事ランキング」
第3位「封入作業」(アルバイト)
私が選ぶ「楽して稼げたお仕事ランキング」第3位は「封入作業」のアルバイトです。
a0002_003094.jpg
これはサラリーマン時代にボーナスの減給にあい、掛け持ちでやっていたアルバイトです。
封入作業とは、封筒に書類を封入していく作業のことです。
求人は派遣会社に登録しても探す事もできますし、無料で配られている求人誌にもたまに掲載されています。封入作業のアルバイトが楽に稼げたなあと思う理由は、時間の融通が利く点と気楽な雰囲気でした。気楽な雰囲気とはどういうことかというと、封入作業は倉庫や事務所の中で何人かのグループで行う事が多く世間話をしながらできた点です。主婦の方が多かったのですが、ワイワイ皆でおしゃべりしながら作業をしているのがとても楽しいと感じました。
書類の枚数を数え、データと照合し、封筒に入れていく・・・。ただそれだけの単純作業ですので、頭を使う必要もありませんし、ただ手を動かしていればあっという間に仕事が完了してしまいました。時給こそ高くはありませんでしたが、作業自体が極めて簡単なことと、椅子に座ってできた点において、楽で割が良いアルバイトだなと感じました。
私の「楽して稼げたお仕事ランキング」
第2位「ガラポン抽選会のスタッフ」(アルバイト)
私が選ぶ「楽して稼げたお仕事ランキング」第2位は、「ガラポン抽選会のスタッフ」です。
a0001_002814.jpg
こちらも封入作業同様、サラリーマン時代に本業と掛け持ちでしていたアルバイトでした。
ガラポン抽選会スタッフの仕事は、買い物にやってくるお客様にガラポンを回していただき、景品と交換するというものです。
さまざまな人に対応しないといけませんから、気を遣って大変なのでは?というイメージを持たれる方もおられるかもしれません。
ただ、お客様にかける言葉は同じですしマニュアルできちんと仕事の流れが決まっていたので、難しいことは一切ありませんでした。また、こちらもお客様と話しながら仕事をすることもあってか、いつの間にか時間が経っていると感じやすい点も楽な仕事だなと思った理由です。1日通しの仕事となりますが、時給が高く、体を使うガテン系のバイトなどと比べると、格段に効率よく楽に稼げる仕事だと思いました。
私が選ぶ「楽して稼げたお仕事ランキング」
第1位「法人営業」(正社員)
私が選ぶ「楽して稼げたお仕事ランキング」の第1位は「法人営業」(正社員)の仕事です。
a0002_000151.jpg
どの業界もそうですが、法人営業は個人に対する営業や販売員などとは違って、一般的に楽だと思います。
確かに法人営業は売上や商談リスクこそありますが、それさえ乗り切れば楽な仕事です。
そこでは、法人営業はグループやチーム単位で動く事がほとんどという点が何より楽な仕事だと感じる要因になっていました。というのは、仮に何かトラブルが起きてもチーム全体の責任となると、ひとりあたりにのしかかる負荷が少ないのです。また、もし困ったことがあっても、キャリアのある先輩たちがいろいろ相談にのって力を貸してくれる雰囲気がありました。
もちろん会社にもよりけりでしょうが、私が勤めていた会社の場合、個人の成績よりもチームの成績が問われる事が多かったですね。それぞれにノルマが課せられることもなく、ストレスも感じる事もありませんでした。チーム皆で協力し合ってワイワイ楽しく仕事が出来た点において、精神的にも楽な仕事でした。仕事はチーム体制でやるので一人当たりの対価も良く、リスクも軽減されるという点において、楽に稼げる仕事だなと感じました。
(私の「楽して稼げたお仕事ランキング」ベスト3 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク