楽すぎる仕事からくるストレス

私は以前、DM封入作業をする仕事をパートとしてやっていました。その仕事内容は、数種類のDMを封作筒のなかに延々といれていくというもの。仕事は簡単ですし、椅子に座っての作業なので、「楽な仕事にありつけてラッキー!」と最初の頃は思っていました。
290226.jpg
ところが、1か月くらい経つと、心境が変わってきました。私はその単純すぎる仕事に嫌気が差すようになっていったのです。そして、次第に仕事を苦痛に感じるようになっていきました。
とにかく理由もなくイライラして、時間が経つのが遅く感じられるようになったのです。結構時間が経ったかな?と思って時計を見ても「ああ、まだ10分しか経っていない・・」とため息の連続・・気が付けば、苦虫をつぶしたような形相で黙々と苦痛な時間を過ごしていました。
仕事が簡単でしかも座り仕事なら、一般的には楽な仕事だと思います。ところが、あまりに作業が単純なゆえか、私にとっては楽とはいえない状況になっていました。
そんなとき、たまたまテレビを通して「同じ作業を同じ姿勢でやっているとストレスが溜まりやすい」ということを知りました。正に私のような状況でした。
ですから私は、できるだけストレスを溜めないようにDM封入の仕事中、工夫をすることにしました。そこでは主に2つのことに取り組みました。そして、結果的に、再び仕事をストレスなくすることができるようになりました。
まず私が取り組んだことは、「休憩時間に体を動かす」ということです。私の職場ではパートは朝9時~15時までの勤務時間のなかで、昼休み休憩50分と15分休憩が2回与えられていました。その時間、私はひとりでボーっとするだけのことが多かったのですが、背伸びをしたり、ちょっと近くを歩いて足を動かしてみたりするようにしました。
椅子に座ったままだと身体は疲れないように思われがち。しかし、確実に血行が悪くなっていてストレスもどんどん蓄積されているんです。ですから、意識的に体を動かして、血行をよくすることを心がけました。次第に、仕事からくる精神的疲労感が緩和されていくのを感じました。
ストレス解消のために取り組んだことの2点目は、「鼻歌を歌いながら楽しいことを考える」ということです。同じ作業ばかり根つめてやろうとするから、ストレスが蓄積されていくのです。また、運動もそうですが、要は、他のことに意識を向けるというのがストレス解消のために重要だと私は考えました。
ですから、(誰にも聞こえないように)鼻歌を歌いながら、楽しいことを考えて仕事をすることにしました。青春時代の楽しかった思い出を思い出したり、小さい頃に遊んだ公園の風景をイメージしたり
、将来行ってみたい外国の生活を思い浮かべたり・・・そうしながら、お気に入りの歌を口ずさむのです。すると、自然と笑みがこぼれてきて、作業をするのが徐々に楽しくなっていきました。
以上のように私は、簡単で楽すぎる仕事からくるストレスを、「体を動かすこと」「鼻歌を歌いながら楽しいことを考える」の2点で解消することができました。人によってストレス解消の仕方はさまざまで正解はないと思います。ただ、仕事自体とは違う何かを並行してやってみることで、気分転換をはかり、結果的にストレス解消につながるのかなと思います。
(簡単で楽すぎる仕事からくるストレスを私が解消した2つの方法 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク