インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

楽だった!中小企業での事務系のアルバイト

私はフリーター時代に、ある中小企業で事務のアルバイトをしていたことがあります。その仕事がとても暇で楽な仕事だったため強い印象に残っています。
楽だった!中小企業での事務系のアルバイト
もともと私は正社員として大手企業に勤務していました。事務系の仕事をするなかで、どうしても取得したい資格が見つかりました。そこで、資格学校に通いながら併せてできそうなアルバイトを探していました。
そんなとき、たまたま紹介してもらったのが、某中小企業での事務のアルバイトでした。その仕事内容は主に事務書類や経理にかかわる業務でした。
ワード、エクセル、パワーポイントなどある程度パソコンソフトを使える人なら簡単にできる仕事内容でした。しかも、仕事量が少ない!毎月のように仕事の量は決まっているのですが、ひとりでのんびりと作業しても暇な
時間が有り余るような分量でした。
2週間ほどは引継ぎ期間ということで、前任者がいろいろ仕事のやり方を教えてくれながらの勤務となりました。前任者曰く「結構暇で退屈な仕事だよ。小説か何か暇つぶしになるものを持ってきたらいいよ」とのことでした。
その前任者は2週間後に予定通り退職。そのあとは私がその業務を完全に引き継ぐことになりました。
それからはまさに好き勝手し放題でした。というのは、社長も営業さんも日中はでかけて社内にいないです。事務所内にいるのは私ひとりだけ。ごくたまに電話がかかってはきますが、会社に訪問してくる人もほとんどおらず来ても宅急便くらいのものでした。
また出勤してからどんなにのんびりと作業を進めても、どうしてもやることがなくなってしまい暇になってしまうのです。
私はそのとき、前任者が言っていた意味を完全に理解しました。その状況を確認した翌日から私は資格学校の教科書を社内に持ち込むようになりました。
出勤したらまずは事務の仕事をちゃちゃっと終えてしまい、あとはひたすら資格試験の勉強に励むようになったのでした。
資格学校の教科書を机のなかに入れていて、皆が出かけるのを見計らって勉強を開始する感じです。また、教科書の隣にはお菓子をいつも入れておくようになり、小腹が空いたら取り出してパクパク食べていました。
こんなことは、いくら仕事が暇でもおひとり様でなければできないことだと思います。その点、非常にラッキーだったと思います。
なお、事務の仕事はいつも椅子に座っているので、体力的に消耗することもなく楽でした。冷暖房が利いているので快適でしたし、社内の人々は皆穏やかで精神的にストレスがたまることもありませんでした。
ここまで仕事が楽な職場は珍しいかもしれませんが、もし似たような職場環境の求人があれば狙い目かもしれませんよ。
  (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク