楽で最高だったクリスマスケーキバイト

私が今までにやってきたバイトのなかで一番楽で最高だったアルバイトは、クリスマスの時期にクリスマスケーキを扱う短期アルバイトです。その仕事内容は、事前にクリスマスケーキを予約しているお客様にクリスマスケーキをお渡し、パティシエが完成させたケーキを在庫コーナーに並べるといったものです。
a0027_002698.jpg
私たち短期アルバイトスタッフは「お渡し口」と書かれたパネルの下に立って、お客様からご予約票を渡されたらそのケーキを探してお渡しします。
ケーキの種類は20種類ほどありましたが、よく出るケーキはだいたい決まっていました。
在庫を置いてある場所についても、アルバイト開始から1時間ぐらい経つと体が自然と覚えてしまいました。
そのクリスマスケーキを扱う短期アルバイトは、三日間延々とその作業の繰り返しです。仲の良い友達と応募出来ましたし、友達とはたまたま同じコーナーに配属されたこともあり、ずっとお喋りしっぱなしでした。また、そのアルバイト先のケーキショップはショッピングセンターの中にあったので冬でもあたたかく、環境的にも最高でした。帰りはショッピングセンターでお買い物も出来たし良いことづくし。
クリスマスというとお店は忙しいイメージがあると思いますが、なんせスタッフの人数も多かったのでバタバタする時間も混雑する時間もありまえんでした。同じアルバイトスタッフたちとは、「クリスマスって楽しいね!」なんて話しながら和気あいあいとお仕事を楽しむことができました。
そして何より嬉しいポイントは、アルバイトの三日間毎日、売残りのケーキがスタッフに支給されたことです!楽ちんで楽しい仕事であるのに毎日ケーキのお土産までもらえて、ケーキ大好きな私としてはもう最高のアルバイトでした!
その3日間の短期アルバイトのなかで敢えて少し面倒だったことを書くならば、お客様から『このケーキ予約したんだけどあっちの方が美味しいかしら?』とケーキの変更を相談されたことが何度かあったこと。
その時は少しだけ困りましたが、そのときは決まって笑顔で『絶対こちらの方が美味しいです。私はこちらの方が好きです!!!』と自信満々に回答したら解決できました。そうするとお客様は喜んで帰って行かれるし私たちの評価もあがるしと万々歳です。
結局、この楽で最高のアルバイトを、私は高校一年生から大学三年生までの六年間、毎年やりました。クリスマスという繁忙期だったこともあり、通常の時給とは比べ物にならないぐらい高額な時給でした。社会人となった今でも、クリスマスの時期になると、あのクリスマスケーキを扱うアルバイトまたやりたいなあと思うくらいです。
                              (20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク