インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

楽で楽で暇すぎる職場を私が辞めた理由

楽で楽で暇すぎる職場を私が辞めた理由
かれこれ20年ほど前、20代前半の時の話です。私の勤めていた職場は、楽で楽で暇すぎる職場でした。

スポンサーリンク



朝、会社に出勤します。勤務先である会社は家から歩いて10分ぐらいと、通勤時間もとても短く楽でした。
職場に着くと、オフィッスの机をふき、外を箒で少し掃除をして、植木に水をやってからコーヒーをいれます。これで、朝の仕事は終了です。
たまに電話がかかってくると、外廻りをしている営業の人に転送します。
ただ、電話がかかってくることは非常に稀なことでした。
12時~13時は昼の休憩時間です。
事務所の鍵を閉めたら外へ出ても良かったので、家に帰ってゆっくりお弁当を食べていました。
午後の時間帯も、仕事という仕事はありませんでした。ほんの時々電話が掛かってきたら転送し、たまに、業者の人が材料の配達に来たときは受け取りにサインをするくらいのものでした。
知っている業者の人が来たときは、コーヒーを入れてあげて、他愛もない世間話をしていくこともありました。そんな世間話をできることは、暇な私にとっては嬉しいひとときでした。
後は勤務終了時間の17時になるのをひたすら待つだけです。17時が近づいてきたらオフィッスのごみを捨て、仕事場の犬を散歩させて一日の仕事は終了です。
休みは隔週でとにかく暇で楽な仕事でした。あの頃は、インターネットもまだない時代でした。もしあれば、会社のホームページをつくるなど、何か仕事を自分でつくれたかもしれませんが。
ただ、月に一回の支払日だけは、他の日よりもする仕事がありました。業者の方々が、何人か集金に来て、その対応があったからです。
ただ、その日が終われば、また暇で暇で仕方がない毎日が淡々と過ぎていくのでした。
スポンサーリンク



今から考えると、ありえないくらい楽な仕事でした。
職場の人も穏やかな人ばかりで、人間関係によるストレスも皆無。私にはもったいないくらいの職場でした。
ただ、当時は20代前半だったということもあり、朝から何もすることが無く、暇を持て余してしまうとき、時々悩みこんでしまうこともでてきました。
そんな時は、職場で飼われていた、犬の様子をいつも見に行っては気を紛らわせていました。
最初は、あまり気にしない様にすればいいと思っていたものの、その悩みは次第に大きくなってきました。
「毎日毎日、何もせず事務所に座っているだけでよいのだろうか?」「楽でありがたい仕事だけど、誰ともしゃべらなくて良いのだろうか?」などと、毎日悩むようになりました。
そして私は、それからしばらくして、その職場を辞め、転職しました。あのときは、若かったから、それで良かったのかもしれません。
ただ、かなり年月の経ち体の衰えも感じ始めた今になって思うと、もったいないことをしたなと思う今日この頃です。
    (楽な正社員の仕事の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク