楽なアルバイトといえば家庭教師バイト

「楽なアルバイト」と言えば、大学生のときに約3年間やっていた家庭教師のアルバイトのことを思い出します。家庭教師バイトは大学生定番のアルバイトで、同じ大学に通う友達も多数やっていました。
5ac98d1d0af445d1ad89accffc6c73e8_s.jpg
家庭教師バイトはその魅力は、単に勉強を教えるだけで高時給をもらえるという点にあると思います。私が登録していた家庭教師派遣会社の場合、時給は2000円くらいありました。コンビニバイトやハンバーガーチェーン店でのアルバイトの2倍近い時給です。楽に稼げるバイトだなと感じたものです。
とはいえ、全く楽なアルバイトかというと、ケースによりけりだと思います。もし相性が合わない生徒さんに当たってしまった場合、それなりのストレスに感じてしまうこともあることでしょう。指示した通り、素直に勉強をやってくれる生徒さんばかりだといいのですが、そうだとは限らないのです。机に座る習慣ができていない生徒さん、反抗的な態度の生徒さん・・さまざまです。
ある中学生の生徒さんの場合、反抗期真っ盛りということもあって初対面から態度が横柄でした。「お前誰や?なんでお前に、勉強教わらないといけないんや!?マジしばくぞ」。そんな言葉を投げかけられ指導がスタートしました。その生徒さんも、回を重ねていくごとに徐々に心を開いてくれ、学校のことや将来の悩みなど話をしてくれるようになりました。ただ、多大なエネルギーを使ったのは確かです。
家庭教師は、少々腹が立ったりプライドを傷つけられことがあっても、大人の対応をして生徒さんの向学心を高めていく必要があります。そんな意味では、生意気な年下ともうまくコミュニケーションをとる忍耐力や包容力もある程度は必要かもしれません。
学力は高いに越したことはありませんが、家庭教師を依頼するご家庭のお子さんの学力はピンキリです。超難関校を狙っているお子さんもいますが、学校の定期テストで内申点を伸ばしたい子、学校の勉強に全くついていけてない子などさまざまです。その点、家庭講師派遣会社が家庭教師の学歴や学力に合せてうまくマッチングしてくれますから、あまり心配は要りませんでした。
教え方は基本的に自由で家庭教師派遣会社から細かい指示は特にありませんでした。ご家庭は家庭教師派遣会社からテキストを購入しているので、それをもとに教えてもよし、教科書や志望校の赤本などを元に教えてもよしという感じでした。私の場合、学校で学習する範囲を教科書をもとに少し先取りして教え、教科書準拠問題集や指定テキストを使って演習をさせていました。指定テキストの場合、講師用のテキストには詳しい解説が書かれていたので、それを朗読するだけでも十分な説明になっていたと思います。あとは、英単語など暗記ものは宿題を出して「次回までにここまで覚えて来て」と指示をし、次回、小テストをして知識の定着度を確認しました。
エピソードを話し出すと書ききれないほどたくさんありますが、何人もの生徒さんを教えてきた中で、思ったことは「やっぱり家庭教師バイトは楽なアルバイトだ」ということです。なんせ椅子に座って勉強を教えれるだけでお金がもらえるなど、どう考えても楽なわけです。重い荷物を持つ場面もなければ、上司や先輩に怒鳴られることもありません。「先生」と呼ばれて尊敬の眼差しで見られ、ご家庭によってはお菓子や食事を出していただけます。さらには生徒さんの成績が上昇したり志望校に合格したりしたときに、一緒に喜びを分かち合うことができます。
また、生徒さんも昼間は学校に行っていますから、大学での授業が終わってから教えに行くというサイクルをつくりやすく、学業との両立をしやすいアルバイトだとも思いました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性) 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク