楽なコンビニバイトを探す3つのポイント

470776.jpg
僕はいろいろなアルバイトを体験してきましたが、その中でも一番簡単で暇なアルバイトと言えば、コンビニの夜勤が思いつきます。
コンビニバイトは確かに忙しくてキツイ店も少なくありません。しかし、それは朝~夕方シフトの話です。一方、コンビニの夜勤はしんどいことがあるとすれば眠さがあるくらいのものです。
というのは、深夜はお客さんの数が少なく、全くやることがないといっても過言ではないほど、仕事が少ないからです。
言葉では説明しにくいので、実際に僕がコンビニの夜勤スタッフとして働いていたときの1日のスケジュール(勤務時間:22時~翌6時)と仕事内容を今回、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク



(ある日のコンビニ夜勤スケジュールと仕事内容)
22時:出勤
24時:お菓子と雑貨の納品、品出し
2時:ジュースの補充
5時:新聞納品、品出し、トイレ掃除
6時:業務終了
以上、毎回、このようなスケジュールと仕事内容でした。22時~翌6時の8時間勤務ではありますが、いつも約3時間ほどは休憩していました。
雑貨やお菓子の納品の量により左右されますが大体3時間くらいは休憩を取れていました。ポイントはその間、深夜と早朝にほとんどお客さんがいらっしゃらないこと。
つまり、接客・レジの業務は皆無に等しいということです。
ちなみに、僕の住んでいた地域はコンビニが半径一キロ圏内に1軒もありませんでした。それは単純に田舎だからで、民家も100メートルに一軒ほどしかなく人口密度のすごく低い地域だったのです。
僕は自身が勤務していたコンビニまで自転車を10分ほこいで通っていました。そんな僕は、コンビニの夜勤バイトを始める前、居酒屋や新聞配達も候補に考えていました。
その中からなぜコンビニの夜勤バイトを選んだかというと、格段に給料が高かったからです。
コンビニバイトといえば、仕事がキツい割に時給が低いという話をよく耳にするかもしれません。確かに間違ってはいないのですが、それは昼勤務の話です。
早朝は給料が50円アップして深夜の8時間に関しては250円もアップ。それでいて仕事は楽チンなので夜勤については、それは当てはまっていないといえるでしょう。
コンビニの夜勤アルバイトは、週2回働いただけで50,000円くらいは稼げる計算になります。ですのでコンビニの夜勤バイトはとてもおいしいといえます。
以上のように、確実にラクなコンビニバイトと出会うためのひとつ目のポイントは「夜勤を選ぶべし」ということでした。
ただ、一概にそうは言えないケースもあります。なぜなら、深夜のコンビニでも割とお客さんが来る店舗もありますし、規則が厳しい店舗もあったりするからです。
では、コンビニの夜勤バイトで確実にラクな仕事にありつきたいと考える場合、どのような店舗を応募先に選べばいいのでしょうか?


そこで、確実にラクなコンビニ夜勤バイトと出会うために注意すべき2つのポイントについて書きたいと思います。

スポンサーリンク



確実に楽なコンビニ夜勤バイトと出会うために押さえておきたい2つのこと
注意しておきたいポイントのひとつ目はまず「立地」です。
立地については田舎になればなるほどオススメですね。
なぜなら、人口密度の低い場所に立地するコンビニは自ずととお客さんの数は少ない可能性が高いからです。
お客さんの少ないコンビニは、商品がたくさん売れないだけに、納品数も少なくそこで働く従業員の仕事は少なくなるという計算になります。
ですので、少々通勤に不便であっても、仕事に「ラク」を求めるなら出来る限り田舎のコンビニのほうがいいと思います。
注意しておきたいポイントの2つ目は「オーナー店か直営店か」ということです。
どういうことかというと、オーナー店は会社の人ではない脱サラした人やほとんど一般の方がやることが多いです。
一方で、直営店はその会社の親元のガチガチの社員さんが経営しているので、しつけにも厳しくミスも許されない空気感があります。
仕事に「ラク」を求めるならオーナー店のほうがのんびり仕事をできると思います。
また、オーナー店と直営店のもうひとつの違いは、オーナー店は店内の商品のうち販売期限の切れたものは従業員が食べてもいいところが結構あります。一方、直営店ではそれが絶対にできません。
その点からも、オーナー点は従業員にとって自由度が高くなると思います。あとは前述した「夜勤」が3つめの条件です
以上のようにコンビニバイトで「ラク」を求めるなら「夜勤を選ぶ」「人口密度の低い地域の店舗を選ぶ」「直営店でなオーナー店を選ぶ」という3点を満たしている店舗に応募するとよいと思います。
もちろん、仕事を「ラク」と感じるかどうかというのは人によって違いますし、一概には言えないというのはあると思います。
私の場合、給料がよく休憩も多く作業がほとんどないコンビニのお仕事は「ラク」で魅力的だと思うわけです。
ちなみに、コンビニバイトは「バイト探しはシフトワークス」、【アルバイトEX】など求人情報サイトや求人雑誌を探せば、いろいろ求人情報が見つかります。
それらをもとにラクそうな店舗を絞り込むと良いと思います。
あるいは、コンビニの店舗に行けば、求人募集の張り紙をしている場合もあることも。
まずはラクに仕事ができそうなコンビニに目星をつけて求人広告が張ってないかチェックしてみたり、スタッフにたずねてみるのもよいかもしれません。
    
        (暇でラクな仕事の体験談 10代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク