インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

楽なバイト 交通量調査の体験談と注意点

今までいろんなバイトをやってきましたが、一番ラクだと感じたのは交通量調査バイトでした。交通量調査バイトでやることといえば、車道脇に座ってカウンターで車の台数を数えるだけ。仕事内容ははっきり言って幼稚園児でもできるだろうほど簡単です。
楽なバイト 交通量調査の体験談と注意点
カウンターの使い方も簡単で、カチカチボタンを押したら数字が増えていくというものです。交通量調査の仕事場は交差点や車道の脇。調査日の朝に、現場監督から「ではあなたはこの交差点を直進する車と左折する車を数えてください」みたいに指示されるので、そのとおり淡々と作業をつづけるのみです。
車の台数をカウントするカウンターにはボタンがいくつかついているのです。それらを使って、やってくる車を、乗用車、トラック、バス、二輪車といった具合に分類しながらカウントしていきます。そして1時間毎にその数字を指定の記録用紙に転記していきます(時々10分毎に記録する調査もあり)。
以上のような作業を延々と続けていくわけですが、2時間毎に他の調査員と交代して1時間の休憩が与えられます。ですから、12時間調査の場合、実際にひとりあたりが調査をしているのは8時間のみということになります。まあ調査自体あまりに簡単で楽なので、1日中休憩しているようなものなのですが(笑)
しかも交通量調査バイトは日給が意外なことに高いのです。12時間調査(実働時間8時間)の場合交通費込みで8000円~12000円ほどもらっていました(24時間調査の場合はその約2倍です)。こんな楽な仕事でこんなにもらっていいの!?と最初は申し訳なく思ったほどです。そんなこともあって、交通量調査バイトはとても人気が高くて、アルバイト募集の記事が求人誌や求人サイトに出たら、応募者が殺到します。なかなか応募の電話がつながらず、ようやくつながったと思ったら「定員が埋まりました。キャンセル待ちでよろしいでしょうか?」みたいな回答だったことが何度もありました。それだけおいしいアルバイトなのです。
交通量調査は、時間厳守できて単調な作業を長時間することに苦でない人ら、誰にでもできる簡単な仕事だと思います。しかも日給が良い!ただ、注意点がいくつかあります。まずは、冬場と夏場はかなり過酷なバイトになるので覚悟しておいたほうがよいということです。なぜなら、仕事場は路上となるので、天候や気候の影響をモロに受けるからです。よほどのことがない限り、その場から移動できません。ですから、天候や気候の条件が悪い日にあたってしまったら、長時間となるとかなりきついです。
ちなみに私はそんなことをあまり知らなかった当初、2月の寒いときにジャンバーを羽織る程度の服装で24時間の交通量調査にのぞんだのですが深夜のあまりの寒さに参りました。日中は晴れていたのでそうでもなかったのですが、日没後は一気に気温が下がって、ブルブルふるえながら数時間を過ごしました。休憩時間はあるものの深夜は店も開いてないですし、かじかんだ手をこすりながらうろうろ歩き回っていたことを思い出します。以降、冬場に交通量調査をやるときは、上下ともにかなり着込んでホッカイロを何枚も貼ってのぞむようになりました。あと、夏場は直射日光を浴びる場所で調査となるケースもあります。アスファルトの道路は熱を放射して40度を超える気温のなか、調査をするのはかなり過酷でした。水分を補給できるものを買っておき、日焼けクリーム、帽子など持参したほうが良いと思いました。
以上、天候や気候によってはキツイバイトと化すリスクはあるものの、交通量調査バイトはいずれにしても割りの良い楽なバイトだと思います。
   (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク