インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

楽なバイトだと思った100円ショップバイト

私が今までやってきたアルバイト中で意外と楽だと思ったのは100円均一ショップでのアルバイトです。100円均一ショップはとにかく商品が安くて色々な物を売っています。文房具、衣類、スマホ関連商品、お菓子、缶詰、ネクタイ、食器などなど。楽なバイトだと思った100円ショップバイト
ですから、アルバイトとして採用された時は、大変な仕事かもしれないなという風に覚悟していました。ところが、いざやってみると意外と楽なアルバイトだということがわかりました。
確かに 安い商品はよく売れるということもあって、お客さんの数は少なくはありませんでした。しかし、商品が全て100円ということもあって、レジでは個数を数えてレジで打ち込むだけでよかったので意外と楽だったのです。
100円均一ショップでのアルバイトは、レジ担当の日が多かったですが、商品の品出しをするという日もありました。そこあたり、数名のアルバイトパートの中で交代をやっていました。品出しに関しては、バックヤードから新しく入荷した商品や品薄になっている商品を運び出してきて商品を並べるというものです。店内のどの辺りにどの商品が置かれているかというのを覚えるのは最初は少々大変でしたが、それさえ覚えてしまえばあとは同じことの繰り返しにすぎませんでした。
またお客さんから何か聞かれることがあるとすれば、「ボールペンはどこにありますか?」みたいに場所を尋ねられることがほとんどでした。そういったことは既に頭の中に入っているので、該当する売り場に誘導すると「ありがとう」と皆喜んでいただけたことも嬉しく思いました。
100円均一ショップでのアルバイトは、働いている人の多くは女性でした。その点、人間関係がややこしくなるのではという風に最初は不安に思ってみましたが、こちらも取りこし苦労でした。おそらく上下関係を重んじるような空気感が100円ショップでは希薄だからだと思いますが、皆仲が良かったです。皆で楽しく協力し合う雰囲気だったので精神的にも楽なアルバイトだったことを覚えています。
100円均一ショップでのアルバイトは求人サイトでもたまに募集を見かけますが、店内に張り紙をしていることが多いです。ですから100円均一ショップで働きたい人は、働いてみたいお店に直接行ってみるとよいかもしれません。
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク