楽なバイトだと感じたランキング3

私は現在20代女性です。大学生の時とフリーターだったときに、さまざまな職種でアルバイトをやっていました。そんなアルバイトの日々のなかでは、「この仕事、楽なアルバイトだなあ」と感じた仕事を3つ紹介したいと思います。
9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s.jpg
3位「試験監督」
「この仕事、楽なアルバイトだなあと感じた仕事ランキング」第3位は、試験監督のアルバイトです。主に土日に行われる単発バイトで、資格試験や模擬試験のお手伝いをするというのがその仕事です。試験が始まる前は、試験問題・解答用紙を配布。試験開始時間になれば「始めてください」と号令をかけます。試験時間中は、教室の後ろからカンニングをしている人がいないかをチェック。たまに教室内を見回ります。試験終了時間が来たら「終わってください」と号令をかけ、解答用紙を回収。枚数をチェックして担当者に渡しにいきます。そういった作業を何回かやるというのが試験監督の仕事の流れです。
試験監督のアルバイトをやってみた感想としては、とにかく「暇な時間が多い」ということ。試験時間中は、一応はカンニングしている人がいないかチェックをしているわけですが、中々そういった場に遭遇することはありません。ですから、実質的には、問題を解いている人をただ眺めているだけという暇すぎる状況に。1時間半の試験ならそのほとんどの時間、やることがないという感じになります。そんな暇な時間も時給が発生しているおいしいアルバイトでした。
2位「家庭教師」
「この仕事、楽なアルバイトだなあと感じた仕事ランキング」第2位は、家庭教師のアルバイトです。家庭教師はご家庭におうかがいして生徒さんに勉強を教える仕事です。私は家庭教師派遣会社に登録して派遣される形で教えていました。教え方は細かい決まりはなく、親御さんとも相談のもと 学校で習っているところより少し先に習う範囲を教え、問題を解いてもらうというスタイルをとっていました。
家庭教師の仕事を楽なアルバイトだと感じた理由は、椅子に座ってただ勉強を教えるだけなので体力を使わないからです。また、塾講師のように沢山の生徒さんを教えるのとは違って、ひとりの生徒さんを教えるだけ。ですから、精神的にも楽な仕事だと感じました。また、ご家庭にもよると思いますが、私の教えていた生徒さんのご家庭では食事やおやつも出してくれていました。しかも時給も高い!家庭教師バイトは正に致せり尽くせりの楽なアルバイトだと感じました。
1位「住宅展示場受付」
「この仕事、楽なアルバイトだなあと感じた仕事ランキング」第1位は、住宅展示場での受付のアルバイトです。その仕事内容は、住宅展示場にいらっしゃるお客様を案内する仕事です。案内といっても、中に入られたら「どうぞ。ごゆっくりされていってください」みたいに声をかけるくらいです。あとは、入場時に台帳に名前や住所などの記載も任意でしていただく程度です。
住宅展示場受付バイトを楽なアルバイトだと感じた理由は、仕事内容が楽である上に、お客様がほとんどおらっしゃらないからです。そもそも住宅の購入を考えていらっしゃる方はごく僅かです。たまに入場者が来られたと思っても、何かな?と思って興味本位で入られすぐに帰られる方が多かったです。基本的に受付は1人でやっていて、社員の方がときどき様子を見に来られるくらいでした。ですから、暇な時間には読書をしたりスマホをいじったりして自由に過ごしていました。話し相手が誰もいない暇な時間が延々とつづく。そんな感じの仕事です。ですからひとりで時間を過ごすのが好きな人にとっては、この上なく楽なアルバイトだと思います。
(「この仕事、楽なアルバイトだなあと感じた仕事ランキング 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク