楽な仕事といえば行動心理学実験バイト!

c96bb373837fc8901533925df0ffd344_s.jpg
私が思う楽な仕事とはとにかく体力を使わないで済む仕事です。
そんな体力を使わない楽な仕事と言えば行動心理学実験のアルバイトを真っ先に思い出します。

スポンサーリンク



行動心理学実験のアルバイトはごくたまに研究機関や大学が募集している短期バイトです。
私の場合、通っていた大学の厚生課あるいは派遣会社を通して時々そのアルバイト行っていました。
行動心理学実験のアルバイトは一体どういうことをするかというと、実験で使うデータのサンプルとなるのです。
心理学はたくさんのデータを収集して仮説を論証していく学問ですが、実験に協力してデータのサンプルのひとつとなるのがアルバイトの役割ということになります。
ある日の行動心理学実験のアルバイトはある研究機関で行われました。
指定された日時に研究室に向かうと、研究者が実験の指示をしてくれて、あとはそれに従って行動をするだけ。
その日はパソコン画面を見て、、「おいしそうだと思った画像」が表示されたらマウスを右クリック、そうでない画像は左クリックするというものでした。
そんな単純作業を延々と繰り返し行いました。その際、脳波が測定もあり、どのように脳波が変化するかのデータもとっていました。
実験の結果がどのように研究に反映されるのか私にはさっぱりわかりませんでしたが、全く問題ありません。行動心理学実験のアルバイトはとにかく無心で実験に協力するだけの仕事なのです。
スポンサーリンク



空調の効いた快適な研究室内で、指示し従ってただパソコン画面を見てマウスをクリックするだけ。そういった作業を途中休憩をはさみながら 1時間半ほど行いました。
その後は研究者からいくつか質問を受け、謝礼金の(交通費込)4000円をもらって、その日の行動心理学実験は終了となりました。
その日、体力を使うこともありませんでしたし、事前に何も知識も経験もいらないので、楽な仕事だなと思いました。あえて言えば少し目が疲れた程度でしょうか。
こんな誰にでもできるような簡単な作業でこんな日給をもらっていいのかと申し訳なく感じるほどでした。
行動心理学実験のアルバイトは非常に楽な仕事が多いだけに、学生にもフリーターにも大人気です。募集があればすぐに採用枠が始まってしまいます。
基本的に早いもの勝ちですから、もしやってみたい方は案件を見つけ次第、できるだけ早く応募するのが良いのではないでしょうか。
以上のように、行動心理学実験のアルバイトはとても楽な仕事でした ごくたまにしか募集がなさないのが難点ですが、皆様を見つけたら是非やってみてください。そのあまりの楽さ加減に拍子抜けすると思いますよ。
   (楽な仕事の体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク