インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

正社員に拘らない転職活動も有り!

正社員に拘らない転職活動も有り!
私は転職活動を経て、今の仕事に就職。それから5年の年月が経ちます。

スポンサーリンク



以前勤めていた会社を辞めてから、転職活動をしていたわけですが、なかなか希望通りの条件の正社員職が見つかりませんでした。
家族や友人は、どこでもいいから正社員で入社すべきだと話していましたが、私は妥協してまで就職する勇気もありませんでした。
ですから、正社員にこだわらず、非正規社員にも視野を広げ転職活動をしました。そして、現在勤めているサービス関連の会社にパートとして入社しました。
現在の会社にパートとして入社した当初は、正社員職にもやはり未練があり、「働きながら次の職場を探して、見つかったらすぐに辞めよう」と考えていました。
しかし、それから5年の年月が経つわけですが、現在は転職活動をする気など全くなくなりました。なぜなら、仕事の内容が自分に合っていて本当に楽で、すっかり今の職場を気に入ってしまったからです。
もちろん、パートといっても必ずやらなければならない作業もありますし、忙しく感じる時もないわけではありません。
ただ、私が勤めている会社はサービス業ではあるものの裏方のためあまりお客様の前に出ることもありません。
また、基本的なことは機械やシステムがほとんどこなしてくれるために私達の仕事はそこまで忙しくなることはないのです。
よほどのことがない限り、時間に余裕があることが多く、精神的にも気楽に仕事をできる職場環境だったりするのです。
休憩ではないのに空き時間のようなものも多く、そういう時はパソコンでインターネットをしたりもしています。
もちろん、やるべきことはしっかりやりますが、仕事も慣れると空き時間の方が多くなるため、パソコンをいじっている時間の方が長い日もあるほどです。
スポンサーリンク



前の職場は残業残業で、休日出勤など普通にある多忙な職場環境でした。仕事中も自由になれる時間など全くありませんでしたね。
雇用形態は正社員でしたから給料も高めで、客観的には安定しているように見えたかもしれません。
しかし、毎日が時間に追われているような状態だったため、精神的にボロボロになっていて安定していると感じたことなど1度もありませんでした。
ですから、今の職場があまりに気楽にできる仕事なので、そのギャップに驚きました。
以前は心身をすり減らしてあんなに忙しくしていたのに、こんな楽な仕事があったのか・・とある意味ショックを受けたほどです。
現在の会社は給料体系は時給制です。
ただ、世間一般で相場で考えると悪くはありませんし、生活にも困っていません。また、人間関係もピリピリしてなく、和気あいあいとした雰囲気です。
その気楽にできて精神的にも楽な現在の職場にすっかり居心地が良くなってしまったわけです。仕事が暇すぎると逆に時間が経つのが過ぎてつらいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、仕事中の私語も結構ある職場なので、そういう面では私の場合退屈をしていません。
人には向き不向きもあり、無理に正社員にこだわる必要はないのではないかと思います。
例えパートなど非正規雇用でも、自分に合った職場を選ぶことが重要なのだなと今は感じています。
何しろ仕事は毎日のことなので、例え給料が少々高くて安定していてもキツくて過酷な職場環境なら、幸せではないと思うのです。
私の場合、パートという非正規であっても、気楽に楽しく仕事をできる現在の会社に入社できて良かったと思っています。
            (楽なパートの仕事体験談 20代女性)

スポンサーリンク