歩行者・自転車カウント調査の短期バイト

私が楽なアルバイトだと思った仕事、それは歩行者・自転車カウント調査のアルバイトです。
c236dd6e8b74bace4c9bb3af322c9392_s.jpg
仕事内容は説明することがないほど簡単。歩行者と自転車の数をカウンターを使って数えて記録するだけです。

スポンサーリンク



はっきりいって未経験者であってもすぐにこなせてしまうと思います。
一応説明すると、道路の脇に椅子を置いて、横断歩道を横切る人と自転車の数を専用のカウンターで数えていくというものです。
横断歩道を5人渡ったとしたら、カチカチカチカチと数をカウントするカウンターのボタンを5回押すという感じです。
カウンターにボタンは何個かついてて、指定された方向ごとに分類しながらカウントしていきます。
その単純作業を12時間調査の場合8時間(2時間×4回)こなしていきます。椅子に座って指でカチカチボタンを押すだけ。1時間したら記録用紙にカウンターに表示されている数字を転記していきます。
また、基本的にカウントしている最中は1人で作業をするために、誰かに話しかけたりするようなこともありません。
たまに現場監督が「順調ですか?」と様子を見に来た時に状況を説明するくらいのものです。
そんな単純な作業の繰り返しですから、アクティブな仕事が好きな人によっては退屈すぎて物足りないと感じるのではないかと思います。
ちなみに私はひとりで過ごすのが好きでかつこつこつ積み上げていくような作業が得意なので、気楽に作業をすることができました。
ただ、昼過ぎは眠たくて仕方ない時間帯もありました。さすがに居眠りは元気ですので、ポケットに入れていたミンティアや眠気覚ましガムブラックブラックをこっそりほうばりながら眠気をこらえていたものです。
歩行者・自転車カウント調査は、通勤通学時間の状況も把握したいということあって7時~19時であることが多いです。
19時になると座っていた椅子やカウンターなど機材一式を片付けて、現場監督から日給を受け取って終了です。
日給は8000円~10000円くらいで、ただ椅子に座ってカチカチカウンターを押しているだけでもらえる金額としては非常に割の良いものでした。
歩行者・自転車カウント調査の短期アルバイトはごくたまに求人情報雑誌や求人情報サイトで見かけます。長時間にわたって路上で単純作業をするのが苦でない人にはぜひおすすめです。
その楽な仕事内容からも非常に人気が高い短期バイトなので、応募しようと思っている人は応募はできるだけ早めに行うことをお勧めしたいと思います。
採用枠があらかじめ決まっていて、基本的に先着順で採用になるからです。
ちなみに、歩行者・自転車カウント調査の短期アルバイトは誰でもできるような簡単な仕事内容でしかも日雇いということもあってか、履歴書による書類選考や面接などはあったことがありません。
電話またはメールで応募をして、採用枠が空いていたら2時間ほどの説明会に参加して本番というケースが多いです。
説明会ではカウンターを使った人や自転車の数え方などマニュアルに従って説明を受けますが、難しい内容は皆無といっていいと思います。
現場に遅刻せずに行って、居眠りせずにまじめに作業を完結する。それさえできれば何の問題もない楽な仕事です。
    (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク