インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

歯医者での受付バイトは楽な仕事

歯医者での受付バイトは楽な仕事
私は、今までさまざまな種類のアルバイトをしてきました。
飲食店、レンタルdvd店、早朝からのドーナツ作り・・。そんな中で一番楽だったのが、歯医者での受付バイトでした。

スポンサーリンク



どうして歯医者での受付バイトを楽に感じたかというと、まず座り仕事だったという点が挙げられます。
飲食店バイトで立ち仕事をしていたときは、働き終わって家に帰ると、どっと疲れに襲われていました。
しかし、歯医者の受付バイトはほとんどの時間、座って過ごしているので体力的にすごく楽で、疲れるということが全くなかったのです。
その歯医者バイトを楽だと感じた理由の2つ目は、私が働いていた歯医者は予約制で決まったペースで仕事が出来たことです。
一度に患者さんが集中していらっしゃることもなく、誰が何時に来るか予め分かっていたので精神的にも楽でした。
もちろん、「歯が痛いから今すぐ診察してほしい!」と駆け込んで来る方も全くおられないわけではありませんでしたが、非常に稀なケースでした。
歯医者の受付バイトの仕事内容はというと、カルテ作成や問診をするくらいのものでした。いずれも単調な作業ですし、それが終わればのんびりと時間を過ごすことができました
あと、この歯医者での受付バイトを気楽にできた理由ととしては、基本的に一人だけでやる仕事だったため、マイペースで作業できたという点も挙げられます。
ひとりで受付をしている以上、先輩や上司などに気を遣う事もないわけですし、もちろんのことながら怒られる事もないというのは精神的に楽でした。
よく話す患者さまが来られたら一緒に世間話をしているうちにあっという間に時間が過ぎていました。
また、たまに小さいお子様連れの方が来られるとお母さんが診察している間は子供と遊んだりするのですが、もともと子供好きだったので、それもすごく楽しかったです。
スポンサーリンク



受付以外にも電話対応やお会計業務、次回の予約等もするのですが、そう時間がかかるものでもありません。
ですから、勤務時間のほとんどは暇な時間と化していました。あまりに暇な時間を持て余した時などは、受付においてあるパソコンでネットを見たりしていたこともあったほどです。
私はそれまで、暇すぎる仕事というのは時間が経つのを遅く感じるのであまり好きでなかったですが、この歯医者受付バイトは大歓迎でした。
なぜなら、他に誰もいないところで自由に過ごせるというのは精神的に楽で心からくつろげたからです。
歯医者での受付バイトは楽な仕事歯医者での受付バイトは楽な仕事
ただ、嫌なことが全くなかったわけではありません。
例えば、受付業務には避けられない仕事のひとつである「クレーム対応」ですね。これはさすがに気持ちが滅入りますし好きな作業であるとはいえません。
ただ、飲食店などの接客業のクレームとはちょっと違っていて、少し時間をかけて話し合えば納得していただけるケースがほとんどでした。といってもクレームを受ける機会もそうそうあるものではないわけですが、
基本的には時間があいているときは何をしてもよかったのですが、私はよくPop作りや飾り付けをしていました。
イベント時などは装飾品を作ったり飾り付けをしたり、個人病院だったのでまるで自宅感覚でできたのは楽しかったですね
ちなみに、働く時間が短かめだったのも歯医者での受付バイトを楽に感じた要因かもしれません。
午前中の診察だけの時は1日3時間、午後まである時はそれに午後の3時間の加えた計6時間が私の勤務時間でした。
午後まで働く日は、昼間に2時間の休憩が入るので、その間は自宅に帰ったり医院の布団で寝たりしてすごくゆっくり過ごしていましたね。
何かとアットホームでスタッフみんなと仲がよかった職場だったので、楽しい思い出ばかりが残っています。
        (暇で楽な仕事の体験談 30代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク