毎回感動がある!結婚式場バイト

何となく結婚式場で働きたいという気持ちがあって、私は大学生のとき結婚式場でアルバイトをしていたことがあります。たまたま求人雑誌で結婚式場でのアルバイトを見つけ、仕事の内容があまりわからないまま応募しました。面接があった日に採用の連絡があり、数日後から早速仕事が始まりました。
3c8ec669e04cc12782dd53f0b4f0ac30_s.jpg
そのとき、結婚式場といってもいろいろな仕事があることを初めて知りました。例えば、結婚式の時に音楽を流す仕事、食事をゲストの人にサーブする仕事、新郎新婦の写真撮影をする仕事、料理の配膳を行う仕事などなど。いろんな仕事がある中で私が任されたのは「スポット」と呼ばれる仕事でした。このスポットの仕事は、主に披露宴で新郎新婦にスポットライトを当てる仕事です。
新郎新婦が入場してきたら徐々に光の大きさを大きくしていきます。新郎新婦が歩いている時もスポットライトで新郎新婦を照らしながら、着席するところで光の大きさを絞ります。動きがあって難しそうな仕事だというイメージがありましたが、スポットライトの操作も非常に簡単ですぐになれました。
また、結婚式場でのアルバイトでラクだと思ったのは、結婚式のスケジュールは結構前から分かること。どのタイミングでスポットが必要なのかも教えてもらえたので、大学との両立もしやすかったです。
基本的に立ちっぱなしの仕事でしたが、披露宴は約2時間から3時間とそう長いわけではありませんし、スポットを当てないときは休むこともできるので疲れることもありませでした。1日1件の披露宴を任されることもあれば、午前と午後の披露宴を両方任されることがありました。後者の場合、お昼休憩などもあるので立て続けで仕事をするわけではないため初めての人でも挑戦しやすいアルバイトだと思います。
この仕事は一生に1度の結婚式を華やかに彩る仕事なので、その点が一番気に入っていました。失敗が許されない仕事ではあるので緊張はしますが、それを乗り越えうまく仕事を遂行できたときの達成感がありました。そして毎回のように、新郎新婦の晴れ姿を目の当たりにして感動をすることができました。
なお、この結婚式場でのアルバイトは人間関係も楽でした。人の出入りが多い場所ではありますが、そう誰かとしゃべらなければいけないといった場面はなかったからです。お客様から何か聞かれるにしても、会場のどこにトイレがあるか、化粧室はどこかなど施設の案内程度でした。その点、結婚式場の構造について事前に知っておくと、万が一ゲストに案内を求められたときでも口頭で説明することができるので安心です。
この結婚式場でのアルバイトは時給も結構高く、土日であればさらに時給がアップしてお得感がありました。お小遣い稼ぎの感覚でも挑戦してみても、あっという間にお金が貯まるアルバイトだと思います。また、仕事を通していくつもの感動する結婚式を見ることができるので、まだ結婚していない人は結婚式についていろいろ知ることができる点も有益だと思います。
  (学生時代の楽なアルバイト体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク