治験モニター(治験バイト超楽

8fbd6a3904ff57d89b130cc93a21eb51_s.jpg
私は現在30代男性です。大学卒業後、正社員として勤めた会社をうつ病が原因で退社。会社を辞めた後は、短期バイトを中心に、アルバイト中心の生活を送ってきました。
正社員の仕事を辞めた原因は、主に上司からのパワハラだったのですが、会社から去った後はうつ病は次第に改善されていきました。
とはいえ、いつ再発するかもという懸念から、なるべく「楽なアルバイト」を探して無理をせずにやるようにしていました。そんなバイト生活のなかで圧倒的に楽な仕事だと思ったものがありました。
それは「治験モニター(治験バイト)」です。

スポンサーリンク



「治験」とは、新しく開発された新薬、あるいは海外のみで使われていた薬品を、国の認可を得るための臨床試験のことです。
治験モニターはその臨床試験の被験者となって、その効果や安全性を確かめるために協力するのです。治験モニターの募集案件を見てまず魅力的に思うのは、高額な協力費でしょう。
例えば10日間入院で20万なんて案件もゴロゴロあったりします。もちろん治験に参加するには、健康状態や年齢など条件がぴったり合う必要であるわけですが。
それにしても、この治験モニターの協力費は金銭感覚がおかしくなるほど高額なので、知る人ぞ知る人気のアルバイトだったりします。
治験モニターには「通院タイプ」と「入院タイプ」があります。
「通院タイプ」の場合、定められた日程で病院に通って検査を受けるということになります。
一方、「入院タイプ」とは一定期間、病院に入院をして寝食をとりながら検査を毎日受けるというスタイルです。
入院タイプの場合、食事が毎日三食でて無料ですし、交通費もかからないため特に人気が高く、さらに協力費も高めに設定されていることが多いです。
大通院タイプが一日8000円~、入院タイプが一日15000円~くらいの差があります。まあいずれにしてもその仕事内容や拘束時間からすると破格の金額であるわけですが。
スポンサーリンク



なお、高額な協力費は魅力でも副作用がないか心配という方もおられると思います。私も初めて治験モニターをやることになったときはその点、不安に思っていました。
ただ1度やってみると全く不安がなくなりました。というのは、新薬といっても薬品メーカーが何年もかけて開発し、あらかじめ安全性が確認されているものだからです。
もちろん万が一ということは考えておくべきでしょうが、安全性は100%に限りなく近いものだという風に考えてよいと思います。
また、治験は病院またはクリニックで行われるので、万が一体調が悪くなるなどすればすぐに医師や看護師が駆けつけてくれる点も安心でした。
「入院タイプの治験モニター」の場合、決められたサイクルで規則正しい生活を送りながら検査を受けるということになります。
検査は血圧を測ったり採血をしたりするなど、すぐに終わってしまうものばかりです。では、検査以外の膨大な時間は一体何をするのかというと、病室で完全な自由時間となります。
自由時間については、漫画を持ち込んでひたすら読むのもよし、延々とスマホゲームをしてもよし。学生の人なら資格試験の勉強をしているなんていう人も結構いたりします。
私はゴロゴロとベットに転がって、スマホで株取引をしたりネット掲示板を眺めていることが多かったですね。
はっきり言って、こんなにラクでおいしい楽な仕事は他にないと思います。仕事という感覚は全くないですね。そして最終日には領収書に捺印をして協力費をいただき治験終了です。
こんなに楽をできてしかも高額協力費をもらえる治験モニター(治験バイト)ですが、全員が治験モニター(治験バイト)に参加できるわけではありません。
まず「事前実験」があり、臨床実験の適合者かどうかを見られます。その条件に合った合格者のみが治験に参加することができるようになっているのです。
事前検査では、アンケートの記入、採尿、採血、身体測定などを1~2時間ほどかけて行うことが多いです。
この段階ではまだ本試験に進めるのか分からないわけですが事前検査のみでも謝礼金が出るんです。事前検査は一日(交通費込)3000円ほどが支給されます。
ですから、仮に不合格になってもちょっとしたお小遣い稼ぎになるのです。
最後に、どのようにすれば治験モニター(治験バイト)にありつくことができるのかという点について述べたいと思います。
治験モニター(治験バイト)をやるには、まずは下記のような治験モニターを募集している企業のサイトに無料会員登録することから始めます。
サイトによりますが、名前、メールアドレス、電話番号、住所、年齢、体重や身長、持病などを入力してメール登録するという感じです。
登録してサイトにログインすると、現在募集中の治験情報を閲覧できるようなります。
(治験モニターを募集しているおススメサイト)
安心実績のJCVN治験モニター募集はこちら
・・治験業界で最大手で案件数も充実。土日のみ参加できるような案件もあり,会社勤めをしている人の副業探しにも便利。
治験とは・・・【治験情報V-NET】
・・案件が多く治験初心者でも分かりやすい。健康な人向けの治験のほか、高血圧や糖尿病、うつ病の人向けの案件もあり。
募集中の治験案件に目を通してみて、条件と合っていてやってみたいものがあれば、フォームに必要事項を入力したうえで事前検査に予約をします。
事前検査に参加して合格者は後日電話などで通知が来て、治験モニターとして臨床実験に参加することができるという流れになります。
治験モニターを募集している企業のサイトは、どれも登録無料で年会費等も一切かかりません。
登録者は定期的に送られてくるEメールからも新規案件を知ることができるので、少しでも治験に興味がある人は登録しておくことをお勧めしたいと思います。
        (楽なバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク