治験モニター(治験バイト)の入院中の食事

66a8f45131e65ad85853ede7795f8fe7_s.jpg
「楽なアルバイト」としてしばしば挙がるもののなかに「治験モニター」があります。治験モニターは、治験バイトといわれることもあります。

スポンサーリンク



治験モニター(治験バイト)は、開発中の新薬が国の認可を受ける前段階として、被験者として臨床試験に参加するというものです。
基本的にベッドに寝そべってゴロゴロ過ごすだけなのに、高額な協力費をもらえるとい点が魅力です。
治験といえば、入院して検査を受けるという入院タイプのものがよくあります。
入院タイプの治験は、(ほとんどベッドでゴロゴロしているだけですが)拘束時間が長いということもあって1日あたりの協力費が高めに設定されています。
ですから、時間に余裕があるフリーターの人なら興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
ただ、知る人ぞ知るバイトだけに、治験モニターがどんな入院生活を送るのかあまり広くは知られてはいません。
そのうちのひとつに、「入院しているときに食事は出るのか?」という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。
フリーターとして生活を送る人にとっては特に食費の出費は避けたいですからね。その答えをいいますと、入院タイプの治験モニターは、食事は無料でついてきます。
しかも、意外なことに、治験で入院中に出る食事は、一般の病院食より充実したものが多いです。
スポンサーリンク



その点、もちろん施設にもよって充実度は違ってくるでしょうが、しっかりしたお弁当が支給されることが多かったです。
ある日の昼のお弁当は、焼肉、ロールキャベツ、卵焼き、サラダ、ライスなどが入っていました。それらは栄養士により、栄養バランスがしっかり管理されたものでした。
治験入院中は変化が少ない毎日ということもありますが、毎回お弁当がおいしくて、治験入院中の大きな楽しみとなっていましたね。
何度も治験バイトを経験している知り合いから、「治験入院をしたら健康になるよ」みたいな話を聞いたことがあります。
最初はどういうことかピンときませんでしたが、実際にやってみると、なるほどと感じました。それは、毎日規則正しい生活を送って栄養バランスのとれた食事をとることができるからだと思います。
少なくとも、私の場合、生活が不規則でカップラーメンばかり食べていた私生活とは比べ物にならないほど健康的な生活を送れたと思います。
食事が毎日無料でついてきて、昼寝付きなのに高額な協力費をもらえてしまうのですから、こんなに割の良い楽なバイトはないと思いましたね。
とりわけ、時間はあるけど生活が不規則になってしまっているフリーターの人はかなり向いているのではないかと思いました。
治験バイトをやるにはまずは治験モニターを募集しているサイトに無料登録から
(治験モニターの無料登録ができるサイト)
安心実績のJCVN治験モニター募集はこちら
・・治験業界で最大手で案件数も充実。土日のみ参加できるような案件もあり,会社勤めをしている人の副業探しにも便利。
治験とは・・・【治験情報V-NET】
・・案件が多く治験初心者でも分かりやすい。健康な人向けの治験のほか、高血圧や糖尿病、うつ病の人向けの案件もあり。
無料登録したら、募集中の案件を閲覧できるようになります。事前検査を受け、合格した人が本試験である治験に参加できるという流れになっています。
  (楽なバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク