インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

派遣された清算会社での仕事が楽だった

数年前、派遣社員としてある清算会社に入社し経理業務をしたことがあります。その派遣の仕事がとても楽で自由した。
その業務内容は主に売掛金の回収や月2回の請求書発行だったのですが、そんなに毎日入金されるわけでもなかったため暇な時間が多かったです。
勤務時間は9:30~17:30。一日の業務はゆっくりやってもだいたい午前中に終わってしまいます。従業員数は数人で時給は1200円でした。
一日の業務の流れ
朝は机拭き、タオル洗い、トイレ掃除をします。その後はネットバンクで入出金の確認をし、動きがあれば仕訳伝票を作成。会計のPCにデータを入力をします。請求書発行の日は集計をし、請求書を機械で発行していました。
派遣された清算会社での仕事が楽だった
午後は、15時を過ぎたらもう一度ネットバンクを見て今日一日の入出金の確認。万が一現金が動いていた場合は、残高が合っているか確認します。就業時間の5分前くらいにゴミを集めて机を片づけ退社です。
上記の業務は午前中の半分くらいに終わってしまうことが多かったです。それで残りの時間はというと・・暇となり、資格の勉強をしたりネットサーフィンをしたりゲームをしたり動画を見たり本を読んだりとやりたい放題でした。ちなみに、ゲームは他の従業員の方もやっていたので競い合ったりして楽しかったです。
従業員全員が暇なので、仕事以外のことを自由にするのは暗黙の了解となっていました。社長から何か言われることもありませんでした。社長もそうでしたので・・
私はその派遣の仕事を通して、清算業務に初めて携わりました。1日の中でやらなければならない業務を行った後は、まさに自由時間となり勉強してもいいし遊んでてもいいといった状況だったので本当に楽でした。
ただ、仕事内容の関係上、毎日会社に行かないといけませんでした。とはいえ、空いてる暇な時間を自由に使えるので私は毎日会社で様々な時間の使い方ができたのでとてもいい経験だったと思います。
暇で楽すぎる仕事といえば、時間が余りすぎて時間の経過を長く感じる短所がありますが、この派遣先の仕事の場合勤務は自由にいろいろできたので1日が終わるのがとてもはやく感じました。
また、経理業務といえばいろいろ覚えることもありそうなものですが、本当に簡単な経理だったため、経理業務に経験のあまりない私でもすぐに覚えることが出来た点も良かったです。
清算業務の求人ってなかなかないと思うのでこの仕事を紹介してくれた派遣先の方に今でも感謝しています。またこういう楽で自由な業務のお仕事があったらぜひやりたいと思っています。
                                (20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク