派遣先の会社で経験した楽すぎる仕事

私が今までやった仕事のなかで「この仕事楽だな」と感じたのは、派遣会社を通して就業した某会社での仕事です。
その派遣の仕事が募集されていたとき、「仕事内容」「勤務場所」、「時給」などが記載されていました。当時1400円以上の仕事を請け負っていたので、条件が当てはまる、ある会社の仕事に応募することになりました。
その仕事内容は、一般事務です。「ワード、エクセルが使用出来てかつ事務経験がある人」という条件がついていました。電話対応などはほとんどなく、データ入力が主な仕事内容とのこと。
無事に採用が決まり、私は派遣会社を通してその某会社に勤務することになりました。私に用意されていたその職場の机には電話もなく、当初の話通り電話に出ることも一回もありませんでした。なお、驚いたのは、条件に「事務経験」や「ワード、エクセルが出来ること」などがあったわけですが、それさえもあまり仕事内容とは関係なかったこと。
a0001_013637.jpg
というのは、実際に働き始めて分かったことですが、ワードは開くことさえ一度もなかったのです。エクセルは開くことはありましたが、データを確認するだけで、使用経験もいらない程度。関数はおろか数字を打ち込むことさえ1度もありませんでした。
では、その派遣先の会社で私がどのような仕事をしていたかというと・・ほとんどがチェックだけでした。チェックするといっても、難しいことは一切ありません。専用端末を開いて、ある項目が「ある」か「ない」を確認するだけでした。
そして、「ない」ものに関してそのデータを印刷するわけです。なお印刷するのも専用システムだからといって難しいことは何もなく、プリントのマークをぽちっとクリックするだけでした。はっきり言って、楽ちんそのものでした。
その楽すぎる仕事内容を会社に行って毎日繰り返すわけですが、この仕事のあまりの楽さに、さらに私は衝撃を受けました。なんと、一日の大半をただ座って過ごすということもしばしば出てきたのです。というのは、というのは、そのデータはすべて社員がチェックしなければいけないため、作業が滞ることが多かったのです。データが来なければ、私は何もする仕事がなくただボーっと椅子に座っているしかありませんでした。
エクセルでデータを確認して、専用システムを開き、確認をして印刷をする。その4つの作業以外にするべき仕事はというと皆無でした。
また、その派遣先の会社は、大手企業の子会社だったこともあって、上司は親会社を退職された少し年配の人ばかりで、特に何か干渉されることもなく、速さを求められることもありませんでした。
また、私がチェックした内容を再度、その派遣先の会社の社員の人がチェックしてくれるということもあり、あまり責任感を感じることもありませんでした。一番暇な日は、1日の7割ほどの時間、ただ椅子に座っているだけということもあったほどです。黙っていることが苦痛でなければ、これほど楽な仕事はないと思いました。
                                    (20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク