インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

深夜のファミレスバイトはとにかくラク

「楽な仕事」と聞いて思い出すのは、大学卒業後に1年間フリーターだったときにやっていた深夜のファミレスの仕事です。ランチタイムやディナータイムはファミレスは人がたくさんやってきて結構やっかいです。
深夜のファミレスバイトはとにかくラク
しかし、深夜帯はとにかく楽でした。最寄り駅の終電が終わったら客足がぱたりとやむのです。すると、広い店舗に数人のお客様がおられるだけという状態で朝までという感じでした。従業員はホールスタッフと調理スタッフと分かれていただけに、どんなに暇なときでも2人以上の体制だったのでさらにラクでした。
深夜0時を過ぎると、お客様の出はいりは殆どなくなっていました。ずっと話し込んでるカップル、居眠りをする老人、読書をしている若者など・・店内にいらっしゃるお客様は注文した料理を食べられたあとは、客席とドリンクバーを往復されるくらいで、オーダーもほとんどないという状態でした。
お客様から注文がでなければ私たち従業員はやる仕事がなくなります。とにかく暇で暇で仕方がなく、意味もなく掃除をしているか調理スタッフとおしゃべりをして過ごしていたのを思い出します。それだけ暇なのに、深夜帯は深夜手当も出て時給が高くおいしかったですね。
深夜のファミレスバイトのデメリットとしては、昼夜逆転するということくらいでしょうか。私の場合、フリーターだったので全く問題ありませんでしたが、午前中に授業がある大学生や短大生は少々厳しいかもしれません。とはいえ、他にデメリットが思い当らないほど楽なバイトでした。
ただ、ファミレスバイト仲間曰く、交通量の多い道路に面したファミレスは、例外的に深夜でも忙しい店舗もあるらしいです。少ない従業員でそれなりの客数をさばくとなると日中に勤務するよりも大変なのだとか。ですから、働きたいファミレスがあれば、応募する前にまずはお客として食事に行ってみるとよいと思います。暇で従業員同士がおしゃべりをしているくらいののんびりした店舗ならビンゴだと思います。
   (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク