インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

深夜のファミレスバイトは暇でおススメ

私がやったことのあるアルバイトのなかで暇で楽な仕事だなと思ったのは、深夜のファミレスバイトです。
なぜなら、深夜はお客さんが少なく、やるべき仕事量が少なかったからです。
深夜のファミレスバイトは暇でおススメ
私がファミレスで深夜バイトをしていたのは、大学2年生~3年生まででした。都内の某大手ファミレスチェーンで、50席ほどあるファミレスにしてはややこじんまりした店舗でした。昼から大学の授業と部活で忙しく、夜23時から朝の5時半までの6時間(休憩含)が私の勤務時間でした。
そのファミレスがあるのは、昼間となるとサラリーマンや学生がひっきりなしに行き交うターミナル駅から徒歩数分の距離。ですから、日中は入口に列ができるほど混んでいました。当然のことながら、その時間帯に勤務するアルバイトスタッフたちは地獄のような忙しさを余儀なくされます。
しかし、お客さんの出入りが常にあるのは、電車の本数が多い時間帯までです。ドーナツ化現象が都心では進んでいるため、夜になると皆、郊外の自宅に帰ってしまうんですよね。夜が深まるにつれ、ファミレスは閑散としていきます。ごく稀にお客さんがやってきても、ドリンクバー+一品料理くらいしか注文されない方が多かったです。あとはドリンクバーを注文するや否や、うとうと居眠りをしはじめ朝まで滞在されるなど。料理の注文が少なければ、当然ながら、私達アルバイトスタッフがやることがなく、相当な楽なアルバイトということになります。
床掃除、ドリンクバーの掃除、洗い物くらいでした。そういった作業もお客さんの出入りがなくなる深夜2時くらいになると、やることがほとんどなくなり暇になっていました。とにかくラクでしたね。調理スタッフと世間話をしたりして過ごしていました。難点は、暇過ぎて眠くなること。ときには、ついうとうとしてしまい、お客さんに呼ばれて、ハッと目が覚めたこともあったほどです。
それだけファミレスの深夜バイトは楽なアルバイトでした。ただ、立地によると思います。他のアルバイトスタッフの話では、同系列のファミレス店でも、国道に面している店舗は深夜でも結構お客さんの出入りがあるのだとか。そういったことを考えた時、ファミレスバイトをこれからやってみようと思っている人は、まずはお客として入店してみてその店舗の状況を体験しておくのが無難であると思います。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク