インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

温泉施設内での夜勤店員

温泉施設内での夜勤店員
私が楽な仕事だと思ったのは、温泉施設内にある売店店員の仕事です。
その売店ではソフトクリーム、(瓶に入った)牛乳、コーヒーを販売していました。入浴されたお客様がお風呂上がりにそれらを購入して、しばらく休憩室で休憩をとっておられました。

スポンサーリンク



その温泉施設は深夜も営業しており、私は夜勤スタッフとして勤務していました。夕方~夜にかけては割と混雑することもあり、売店も少しした列ができるなんてこともありました。
ただ、私が働いていた深夜帯となるとお客様の数が非常に限られていました。
そんな深夜ですから、ソフトクリームのメインターゲットである子供さんたちはまずおらず、ソフトクリームもあまり売れませんでした。
また、すぐ近くに自動販売機で色々なドリンクを置いていることもあって、仕事帰りに汗を流す方々は自販機を選ぶ人が多かったです。
そんな深夜帯は売店はとても暇になりました。暇な時間は私は何をしていたかというと、カウンターや周辺フロアの掃除を意味もなくしたり、お客さんと競馬など世間話をして過ごしていました。
あとは館内にはテレビがあるので夜にサッカーやオリンピックの試合などお客さんに交じって見ていたなんてこともあります。仕事というよりは息抜きに毎日出勤しているようなものでした。
スポンサーリンク



売店は基本的に一人体制での勤務でした。もし複数人数で働くなら人間関係もややこしくなる可能性もあるでしょうが、一人なら問題が起きようもありません。
私にとっては非常に楽な状況でしたね。また、夜勤は夜勤手当が出ていたので 忙しい昼間に働く人々よりも給料を多めにもらっていたのも非常にお得感がありました。
夜に出勤して朝に帰るということで、さすがに昼夜は逆転しましたが・・。それさえ気にしなければ 非常にお得感のある楽な仕事なのではないかと思います。
    (楽な仕事の体験談 40代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク