インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

漫画喫茶夜勤バイトは楽で最高

私が今までやってきたアルバイトの中で(体力的にも精神的にも)ラクだと思ったのは、漫画喫茶(ネットカフェ)の夜勤アルバイトです。私が働いていた漫画喫茶(ネットカフェ)は周囲がオフィスビルが多いということもあって、昼間や夕方~夜の時間帯は、サラリーマンやOLのお客さんでそれなりに賑わっていました。しかし、終電に近い時間~朝の時間帯となると、終電を逃した方々や少数の常連さんがいらっしゃる程度でした。その時間帯で私は夜勤バイトをしていました。
漫画喫茶夜勤バイトは楽で最高

深夜はお客さんの出入りが少ない!

深夜帯に漫画喫茶(ネットカフェ)を利用する方の多くは、始発電車が走り出す時間まで睡眠をとっておられました。ですから、仮に店内に結構人数が多かったとしても、食事の注文も少なければ、人の出入りも少ないだけに、バイトをしている側からすると仕事量がとても少なかったですね。
仕事内容は簡単なものばかり
漫画喫茶(ネットカフェ)の夜勤バイトの仕事は、主に「受付」「ブースの片づけ・清掃」「本棚の整理」「簡単な調理」の4つです。どれも一度覚えてしまえば簡単にできてしまうものばかりでしたね。調理についてはお客さんから稀に夜食の注文が入るわけですが、レトルトをレンジでチンして注文したお客さんのブースに持っていくだけでした。また、深夜はとにかく時間が膨大にあるので、お客さんから急かされることも稀で、精神的にも楽でした(お客さんの多くは寝てしまっているので・・)。
ただ、私が働いていた漫画喫茶(ネットカフェ)では設置されてなかったのですが、シャワールームを設置している漫画喫茶(ネットカフェ)は、夜勤でもそこそこ忙しいと聞いたことがあります。というのは、シャワールームを利用するお客さんの受付と清掃業務が別途発生するからです。ですから、もし漫画喫茶(ネットカフェ)夜勤で楽に働きたいと思っている人がいるとすれば、シャワールームが設置されていない店舗を選ぶとよいかもしれません。

ひと晩に漫画5冊は読破

漫画喫茶(ネットカフェ)の夜勤シフトでの楽しみは、仕事量が少ないだけに、やるべき仕事をやってしまえば暇で自由な時間が大量に発生するということ。そんな暇な時間に私は、ひたすら漫画を読んでいましたね。もともと漫画を読むの好きで漫画喫茶(ネットカフェ)の常連客でもあったので、私にとって漫画喫茶はまさに宝の山でした。毎回の勤務で最低5冊くらいは読破していたと思います。お金をもらいながら読みたい漫画を読めるなんて正に最高のアルバイトでした。
漫画喫茶夜勤バイトは楽で最高漫画喫茶夜勤バイトは楽で最高
席数の少ないお店がオススメ
人によるかと思いますが、私は人間関係があまり得意でなかったので、敢えて、1人体制で勤務できそうな席数の少ない小規模の漫画喫茶(ネットカフェ)を仕事先に選びました。もし席数が多くて大規模の漫画喫茶(ネットカフェ)の場合、2人~数人体制での勤務となるので、暇な時間が多い分、逆に従業員同士の人間関係で神経を使う可能性もあったかなあと思います。ただ、その点は人によりけりだと思います。アルバイト仲間で時間を過ごすのが苦でない人は、複数人数での勤務のほうが賑やかで楽しいのではとも思います。
まとめ
以上のように 漫画喫茶(ネットカフェ)の夜勤バイトは、暇で自由な時間を過ごすのが好きな人にぴったりの楽チンバイトです。仕事をひと通り覚えてしまえば、あとはまったりした時間のなかで同じ作業を繰り返すだけなので体力的にも精神的にも楽な仕事だと思います。

スポンサーリンク