就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

物流センター専属のマイクロバス運転手

私が思った楽な仕事は、物流センター専属のマイクロバス運転手です。その仕事内容は、鉄道の駅から物流センターまで、従業員(社員、派遣社員、パート、アルバイトなど)を送迎するというものでした。
7ddb6de783cc96e0be4512f5754605fc_s.jpg
定時の5分くらい前にマイクロバスを駅ロータリーにつけると、ぞろぞろと物流センターに向かう従業員が乗り込んできます。人数をカウントすることもなく、定時になったら出発。30分弱マイクロバスを運転して埠頭の一角にある物流センターへ。物流センターは倉庫が2か所に分かれていて、それぞれに停車して従業員を降ろしていきます。
その後は再び鉄道駅に戻って、また従業員たちを乗せて物流センターへ・・。その繰り返しをしていました。何よりラクだと思ったのは、朝10時過ぎに予定していた便をすべてこなすと、次に運転するのは15時だったこと。
その間は従業員たちは物流センター内でピッキングや仕分け、シール貼りなどの作業をしている時間で送迎の必要がないのです。では、その5時間私は何をしているかというと、倉庫の駐車場にてマイクロバスの掃除をしたあとは待機していました。
仕事の面接を受けたときは、「夕方まで暇になるから倉庫内の仕事を手伝ってもらうかもしれない」と言われていました。私もそれを承諾していたのですが、後から、それでは運転に支障が出るのではないかと言う話に上層部でなったようです。もし倉庫内で昼間に仕事をして疲労が出て居眠り運転などにつながったらどうするんだということでした。
私にとっては非常にラッキーなことでした。その決定が行われた後、待機と言う名の実質的な休憩時間が5時間も連日発生するようになりました。
そもそも観光バスではないわけですから車内で飲食をしてゴミを出すような人もほぼ皆無。掃除もあっという間に終わってしまっていました。ですから、後ろの方の座席に腰かけて読書をしたり昼寝をしたりしていたものです。それでも時間を持て余したときは海辺をブラブラ散歩に行っていました。
        
そんな好き勝手して暇つぶしをしている間にも時給が発生していたので、こんなに楽な仕事はないなと思っていました。
私の場合、たまたまいろんな条件が合ったことが楽な仕事に結びついただけなのかもしれません。ただ、車やバスを運転する仕事のなかには、「送迎」を中心に暇が多い仕事も結構あったりするのでねらい目なのではないかと思ったりしています。
(楽な仕事の体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク