インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

物流倉庫内でのシール貼のアルバイトは楽

今までやったアルバイトの中で楽な仕事だと思ったのは、物流倉庫内でシール貼をするアルバイトです。某派遣会社からの単発のアルバイトでした。
物流倉庫内でのシール貼のアルバイトは楽
その物流倉庫には、大型トラックが出入りし、これから各地に発送される荷物がたくさん集積されていました。ベルトコンベアーに乗って荷物が流されてきて、その先で発送先ごとに仕分けられる作業が行われていました。
私はその物流倉庫内のレーンでシール貼りの仕事をしました。ジュース、醤油、お菓子、缶詰ほか業務用の商品がギッシリ詰められた段ボールがレーンに乗って流れてきます。その荷物にペタペタとシールを貼っていくのです。そのシールには、バーコードなどが印刷されていました。
単にシールを貼る単純作業ですから、誰にでもできてしまう簡単作業でした。ただ、荷物が連続して流れてきたときは、危うく貼りそびれかけたこともありました。ですから、シールを台紙から素早くはがす、ある程度の手先の器用さは必要かもしれません。また、変化のない単純作業に耐えるだけの少しした根気も必要かもしれません。
なお、レーンは時々停止していました。仕分け作業が間に合っていないときなどです。そんなときは、シール貼りの作業もできないわけですから、ただただ暇になっていました。そんなときはレーンが再稼働するのをボーっと待っているだけ。さすがに座って休憩することはできませんが、近くのアルバイトの人と少しおしゃべりをしてリフレッシュすることはできました。
勤務時間は朝10時~夕方18時まで。休憩は12時半~13時半と、15時~15時15分にありました。休憩時間は、椅子と机が並んだ休憩スペースを使うことができました。倉庫内という場所だけに、驚くほど無機質な空間でしたね。
その物流倉庫にはいろいろな人が働いていました。フォークリフトに乗って荷物を移動させている人、ひたすら荷物をベルトコンベアーに運んでいる人、荷物を仕分けして運んでいる人・・それぞれの役割を果たしながらのチームプレーとなっていました。運ぶ系の人々はとにかく大変そうで、社員さんから「早く運べよ!」などと怒鳴られている派遣アルバイトの人ももいました。ですから、「倉庫内作業」といっても、ポジションによってその労働事情はかなり変わってくるのではないかと思います。シール貼はおそらく倉庫内作業のなかで最も楽な仕事の部類になると思います。時給は850円とまずまずでした。
(楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク