特急列車乗り込み調査員アルバイト

IMG_21890.JPG
楽なアルバイトというと、以前、「特急列車乗り込み調査員」という短期バイトをやった数日間を思い出します。
「特急列車乗り込み調査員」とは一体どんなアルバイトかというと、指定された列車に乗り込んで、乗客にアンケートを配布し回収するというお仕事です。

スポンサーリンク



配布するアンケートを通して、乗客がどのような目的(観光目的、ビジネス、帰省など)で乗車しているかなど把握し鉄道会社は今後の改善点を探っていくのだそうです。
特急列車乗り込み調査員はアルバイト数人で1グループをつくり一緒に行動して行いました。例えばAさんは1~2号車担当、Bさんは3~4号車担当、Cさんはグリーン車担当といったように。
特急列車乗り込みバイトの初日、一番不安だったのは、私は人と接するのが得意でないからしっかりできるのかということ。
もし乗客に一喝されたり誰も協力してくれなかったらどうしよう・・?などと実際にやる前は不安に思っていました。
しかし、そういった心配の多くは取り越し苦労でした。車掌さんが毎回、アンケートのことを車内アナウンスしてくれるようになっていたからです。
ですから私たち列車乗り込み調査員バイトは、それを合図に「アンケートです。ご協力よろしくお願いします」みたいに軽く声がけをしながらアンケートを配布するだけで良かったのです。
また乗客のみなさんも意外とすんなりアンケートを受け取り記入してくれました。寝ている乗客には配布しなくても良かった(というより配ってはいけない)ので、その点迷惑をかけることなく楽でしたね。
アンケートを配布したらデッキにしばらく待機。乗客がアンケートを記入し終わる時間を見計らって車内に戻り、あとはアンケートの回収をします
スポンサーリンク



特急列車乗り込み調査員のバイトは、計2日間という短期間だったのですが、トラブルも全くなく終わりました。
やる作業は同じことの繰り返しなので、慣れてくると、本当に楽でした。覚えることもほとんどありませんし、未経験者でもすぐにできてしまう楽なバイトだと思います。
あと嬉しかったのが、この特急列車乗り込み調査員は休憩時間が長かったこと。
指定された駅に到着して回収したアンケートを調査会社の方に渡したらしばらく休憩なのですが、時には、次の列車まで間隔があり4時間近く休憩があったときも。
そんな間にも時給が発生しているので申し訳ないやら嬉しいやら。休憩時間は近くの街並みを食べ歩いたりもできて少しした観光気分も味わえたものです。
  
あと、私は電車に乗るのがもともと好きだったので、特急列車乗り込み調査員のバイトは、夢のようなバイトでしたね。
お金をもらって、乗ってみたかった列車に乗れたわけですから。
難点としては特急列車乗り込み調査員のアルバイトは、一年にごく限られた時期しか募集がないことです。【アルバイトEX】ほかアルバイト求人サイトを日頃から小まめにチェックしてみると運が良ければ見つかるかもしれませんよ。
         (楽な仕事の体験談 20代男性)