インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

田舎の暇すぎる携帯電話ショップバイト

私は以前、暇すぎる楽なアルバイトをしたことがあります。それは携帯電話ショップでのお仕事でした。携帯電話ショップといっても、大きな家電量販店やキャリアショップではなく、田舎のホームセンターの中に入っている小さな携帯電話ショップです。
私は、その携帯電話ショップが新しくオープンしたときに、アルバイトとして入社しました。人材を募集をしてもなかなか人材が集まらなかったらしく、オープン当初はスタッフは私一人だけでのスタートとなりました。
その携帯電話ショップでは、携帯電話の新規契約から簡単な機種変更まで幅広く取り扱っていました。docomo・au・Softbankすべて取り扱っており、そういった点は、都会の携帯電話ショップと変わりませんでした。そこで苦労した点としては、分からないことがあっても教えてくれる人もいなかったこと。自分でパンフレットを読んで勉強しなくてはならなりませんでした。
田舎の暇すぎる携帯電話ショップバイト
私は元々docomoの代理店で働いていたのでdocomoの携帯電話に関してはそこそこ知識はあったのですが、さすがに3キャリアとなるとそれぞれ特徴があるため、操作方法をマスターするのは少々大変でした。
とはいえ、その携帯電話ショップがあったのはとにかく田舎なのでお客様がほとんど来ないという状況でした。平均すると、1日の来店は5人くらいでしょうか。お客様が店内にいらっしゃらない時間は暇なので、勉強する時間はたっぷりありました。
とはいえ、ずっと勉強しっぱなしではさすがに飽きてしまうので、たまにホームセンターの入り口に出てティッシュ配りをしたりキャリアさんからいただいたDVDをかけて呼び込みをしてみたりもしていました。とはいえ、管理する人も誰もいないので本当に自由でお気楽なものでした。
時には友達が遊びに来て、1時間くらい立ち話をしていたり、ホームセンターの人たちと仲良くなったりするとその方の売り場に遊びに行ったり・・。全く一人になりやる事がないと、携帯電話をいじったり、撮った写真を加工して変顔を作ってみたりしたこともあります。「仕事が楽だ」という状況を通り越して、暇で暇で仕方なかったのです。
3ヶ月に1度くらい支社から担当者さんが携帯電話ショップにいらっしゃるときばかりは多少は緊張しました。しかし、その方もあまり売り上げを期待する事はなく「売れる時に頑張って売ってね」くらいの感じでした。
仕事が楽であった一方、あんなにやりがいのない仕事は初めてでした。最初こそ「楽な仕事でラッキー」と思っていたのですが、そんな楽ちん生活も1年以上も続くと、職場に来るのが次第に億劫になるようになりました。そして最終的には「暇すぎて・・」という理由でその携帯電話ショップを辞めてしまいました。ちなみに、その携帯電話ショップは、私が辞めてから半年後に閉店したそうです。
                          (40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク