登録制派遣のイベントスタッフが楽

今回、私が紹介する暇すぎるアルバイトは派遣会社から派遣されて行ったイベントスタッフの仕事です。アーティストのライブやサッカーの観戦に行ったことのある方ならイメージしやすいかもしれませんが、会場の通路での誘導やチケットもぎりをする、あの人たちのことです。
a0035_000032.jpg
その仕事内容は、イベント会場に立っていて、たまにトイレの案内をするくらいの簡単なものでした。あまりに楽で簡単なので、「私は置き物か?」と思ってしまったほどです。
私が派遣として登録していた会社は主に、スポーツ観戦の際のイベントスタッフを派遣していました。どちらかというとアーティストのライブの仕事はあまりなく、西武ドーム、東京ドーム、さいたまスタジアム2002などスポーツ関連の施設が主な仕事場でした。
私はその中で、東京ドームとさいたまスタジアム2002での仕事をする機会が多くありました。以下、その2つについて述べたいと思います。
まず、さいたまスタジアム2002でのサッカー観戦の仕事では13時に集合するということから始まります。そこでは派遣会社に登録している顔も知らない人たちが集合場所に集まるという感じです。その後、場所を割り振られ派遣スタッフは順次、配置についていきます。たまに、この時にスムーズに派遣スタッフの誘導が行われると休憩が早速入ります。
いざ試合時間が近づき、いよいよお客さんが来場し始める頃になると、会場内、観客席へと向かうゲート脇へ立つ仕事が始まります。
この時の仕事は、お客さんにトイレの場所を案内をすること。案内するといっても、立っていて聞かれたら答えればいいだけです。じきに、試合の前半が始まります。試合中は同じ場所に立っていればよく、なんなら鼻歌を歌っていても立ったまま寝ていてもバレません(保証はできませんが)。
試合の前半戦が終わると、観客がゴミ箱へとゴミを捨てるので後半戦が始まったらゴミ袋を縛ります。これが派遣スタッフのメインの仕事であります。それが終わればまた突っ立って時間が経つのを待ち、試合が終われば仕事は終了です。こんなに簡単で楽な作業であるのにも関わらず時給は900円と割が良かったです。
なお、休憩も途中途中にあるのですが、休憩中も時給は発生していましたし、お弁当も無料でついてきたので本当に助かりました。ほとんど立っているだけでお金がもらえる超楽なアルバイトだとつくづく感じたものです。
次に、東京ドームが仕事場になるケースについて述べたいと思います。こちらはプロ野球の試合がメインです。集合から配置までの流れは埼玉スタジアム2002のケースとあまり変わりません。仕事内容についてもほとんど同じ。ただ、違いがあるのは、ゴミ袋を縛る仕事が東京ドームではなかったことです。つまり、突っ立って、トイレの場所をお客さんに案内するという作業しかなかったのです。
厳密にいうと、試合後には後片付けの作業が少しあったのですが、私の場合、家が遠く終電があるため、いつも帰らせてもらっていました。
あるの日の仕事はというと、たった数回だけお客さんにトイレの場所を案内をしただけでした。あと、試合も柱の陰から少し見ることができラッキーでした。
以上のように、スポーツ関連のイベント派遣の仕事はとても簡単で楽な仕事内容でした。時給も高めですし試合が長引けば超過勤務手当も出ました。何もしないで時間がすぎるのを待つのが苦手でなければ、夢のようなアルバイトであるといえるでしょう。
なお補足になりますが、派遣スタッフは大勢登録者がいて自分の都合を優先させやすいので、行きたくない派遣先へは行かないこともできます。これは派遣の大きなメリットだなと思います。本業の仕事がある人でも、派遣でちょい稼ぎをするというのもしやすいと思います。
                (20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク