インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

皿洗いのバイトはとても簡単

皿洗いのバイトはとても簡単
私は今までいろいろなバイトをしてきましたが、その中でもとても簡単で楽な仕事があったので紹介します。その仕事は、皿洗いのバイトです。

スポンサーリンク



数年前のこと、家の近くにあるハンバーグ屋さんにご飯を食べにいったときのことです。
ふと入口の壁を見ると、「皿洗いバイト募集 時給1000円」という貼り紙が貼ってありました。
「え?時給1000円ももらえるの!?」私はその時給の高さに惹かれたのと、当時無職で仕事を探していたことから、店員さんに「皿洗いのバイトやってみたいんですが」と声をかけました。
すると、数分して店長さんが奥から出てきて、その場でいきなり面接を受けることになりました。転職活動中だったこともあり、たまたま履歴書もカバンのなかに。
それを見せ、今までのバイト経験など質問に答えた後、気に入ってもらうことができたのか、何と採用になってしまいました!
次の日から私はそのハンバーグ店で皿洗いのバイトとして働き始めることになりました。あまりにも唐突にそのバイトが決まってしまったため、実のところ、家に帰って後悔しました。
というのは、時給1000円ももらえるということは、かなりキツイ重労働であるに違いないと思ったからです。
「どうしてそんなに簡単に仕事を決めてしまったんだろう・・明日から奴隷のようにこきつかわれるよ・・」不安で不安で眠れませんでした
スポンサーリンク



そしてアルバイト初日。先輩の指導のもと、皿洗いの仕事を始めてみたのですが、家で抱いていた不安は取りこし苦労だと分かってきました。
確かに、ランチタイムやディナータイムはとても忙しかったです。膨大な量のお皿が次から次へとやってきて、お手上げという感じでした。
しかしそれ以外の時間帯は、考えられないほど暇だったのでした!
しかも仕事自体はとても簡単でした。
なんせ、お皿をひたすら洗ってるだけなので(笑)
アルバイト初日の私でも、何も覚える事も特になく楽々することができましたし、2日目、3日目と日数を経るごとに、コツが分かってきて、どんどんスピーディーに作業をすることができるようになってきました。
仕事をするうえで人間関係も不安に思っていたのですが、そちらも取りこし苦労でした。
というのは、皿洗いは基本的にそれぞれが黙々と作業をする仕事で、同僚とほとんど関わる事もなく仕事ができたからです。
ですから、精神的に楽で悩みもなくストレスも溜まらないという仕事でした。
なお、数日仕事をするなかで分かってきたことですが、自営業のハンバーグ店ということもあり皆、家族のように仲が良くて雰囲気は最高でした。
私もすぐにその輪の中に入れてもらうことができ嬉しかったですね。
アルバイト初日は4時間ほどの勤務でしたが、本当にあっという間に時間が過ぎていました。
お皿洗いは小さい頃からお手伝いしていて好きだったので、お皿を洗うだけでお金が貰えるというのはとてもありがたいなと思いした!しかも時給1000円も!
結局そのアルバイトは、引っ越しをして地元を離れるまで数年間に渡って続けました。引っ越しをしなければもっと長く勤めていたと思います。
(楽なバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク