着ぐるみのアテンドバイトの仕事内容

私が楽なアルバイトだと思ったのは、着ぐるみのアテンドです。イベント自体は9時~17時という長時間にわたります。しかし、実際、着ぐるみがイベント内で表に出る時間は午前中1回、午後2回程度でした。
66a8f45131e65ad85853ede7795f8fe7_s.jpg
夏場の場合は熱中症になってしまうということから、着ぐるみがイベントに出る時間帯はさらに短くなります。

スポンサーリンク



着ぐるみのアテンドは、基本的に着ぐるみが表に出るときの準備のお手伝いをするというものです。あとは、イベントが開催されるステージへの誘導をしたり、写真撮影のお手伝いをしたりもします。
では、それ以外の時間は着ぐるみのアテンドは何をしているかというと、何と、エアコンの聞いた部屋で待機となります。
一日の流れとしては8時30分に集合して当日のイベントの流れについての説明があります。このときに、着ぐるみが何時からステージに立つかを確認します。準備作業をはじめるまでは待機となります。
1回目のイベントは10時~10時30分位になりますので、準備は9時~10時までの間に行います。そのときは着ぐるみに入るスタッフと一緒に気ぐるみの着方の確認を行います。
確認が終わったら、イベントに行く15分前に着ぐるみを着る手伝いをはじめます。その後、イベント場所まで誘導しスタンバイを行います。
スポンサーリンク



着ぐるみに入るスタッフは、視界が狭くなって足元が見えなくなるので、子どもが寄ってきたときなどに蹴ってしまう恐れがあります。
外から叩かれると大きな衝撃が中に伝わってしまう為にそう言う事をしないように注意をする事が、着ぐるみアテンドの役目のひとつです。
実際に着ぐるみがステージに立ってイベントをしている間は、着ぐるみのアテンドは表から見えない場所にいます。
イベント自体は30分程度でおわり、その後控え室に戻るまでの誘導を行います。その間に写真撮影を求めてくるお客様もいらっしゃいますので、写真撮影のお手伝いをするのもアテンドの役割です。
控え室に戻ると、次の時間までの間はエアコンの効いた部屋で待機をして休んでいます。控え室にはドリンクとお菓子が置いてあり自由に飲食できるようになっていました。
2回目のイベントは13時~、3回目は16時~となっている場合、その間に昼食を頂く形になります。
このアルバイトでは昼食もお弁当とお茶も支給されました。基本的に待機時間のいつの時間に食べてもよいので、大体の方は1回目のイベント終了後か、2回目のイベント終了後に食べます。
そして一日の勤務が終了となります。8時30分~17時までの勤務で8.5時間の勤務で時給は1,000円。日給8,500円+交通費が支給されていました。割もよくしかも面白い楽なアルバイトだと感じました。
   (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク