知識も経験も不要の、看板持ちバイト

社会には色々なアルバイトがあります。私も今まで色々なアルバイトを経験してきましたが、その中でダントツで楽なアルバイトだと思ったのが看板持ちアルバイトです。
db10f1eb4081a35a7dbf515a383e2a42_s.jpg
看板持ちの仕事内容は、その名称通り、看板をひたすら支えておくだけというものです。私は派遣会社を通して看板持ちのアルバイトを何度かやったのですが、派遣先は住宅会社など企業でした。例え製薬会社の場合、株主総会にやってくる株主の方々が会場の場所を把握できるように要所に看板を持ってスタッフが立つという感じでした。その場合基本的に立ちっぱなしとなりますけれども、挨拶を時々しながら看板を支えているだけでよかったので楽でした。
住宅会社の場合、住宅展示場のイベントにやってくるお客様に住宅展示場の場所を 矢印をついた看板を持ってお知らせするというものでした。こちらの場合、椅子に座っての作業だったので楽でしたね。
お手洗いに行きたい時は看板を草むらの影において自由に行くことができました。誰も通行人が通らない時は、ただぼーっとしているだけでしたね、ですから 同じくアルバイトをしていた子は音楽を聴いたり 小説を読んだりしていました。そのように好き勝手していいかどうかはクライアントによって許可されるところと禁止されているところがあるようです。
看板持ちのアルバイトは単に看板を支えているだけなので、特別な知識や経験ましては学歴など全く必要ありません。では何が必要かと言うと 暇つぶしをするための少しした忍耐力ぐらいなものでしょうか。そういった意味で、人とおしゃべりをしたり行動的にアクティブな仕事をしたい人にはあまり向いていないかもしれません。どちらかと言うと一人で考え事をするなど暇な時間を過ごすのが好きな人が向いているのではないでしょうか。
私の場合、看板持ちのアルバイトの時間中、将来の夢についてあれこれ妄想することで暇つぶしをしていました。普段、忙しく生活をしていると、まとまった時間を使って考え事をなかなかできないものですから、その時間は貴重だなと思いました。
なお、看板持ちのアルバイトは、楽な仕事内容であるにも関わらず、派遣の仕事と言うこともあって、時給はなかなか良かったです。そういったことからも、大人気のアルバイトなのだと、ベテランの人が話していました。そのベテランさん曰く 夏場や冬場を除けば楽勝で美味しいということでした。
    (楽なアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク