インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私がやってた暇で退屈なアルバイト

私は以前、都内でアルバイトをしたことがあるのですが、その時のアルバイトが本当に暇すぎる退屈なアルバイトでした。
さて、一体どんなアルバイトだったのか?
私がやってた暇で退屈なアルバイト
そのアルバイトは何度もやらせてもらいましたが、その日によって場所は色々でした。
日ごとに違った場所で一日中ぼうっとしているだけで給料がもらえると言う本当に暇で退屈な仕事です。
もちろん、だらけていたりあからさまに暇そうにしていたりは出来ませんでしたが・・。
では、一体何のアルバイトだったのかと言いますと、それはプラカード持ちのアルバイトでした。一日中プラカードを持って町のある決まったポイントで立ち続けるというアルバイトです。人に見られている以上、あまりだらけている訳にもいかないですし、プラカードに寄りかかる事も出来ません(上手に体重をかける事は出来ます)。
プラカード持ちのアルバイトはとにかく暇で退屈なわけですが、辛いといえば座っている事も出来ず一日中立ちっぱなしという点です。このアルバイトをし始めてからは、仕事が終わって家に帰る頃になるとひざ裏が痛く膝を曲げる事が出来ないくらいの状況になりました。もちろん休憩やトイレに行くことは出来ましたが、それ以外の時間はほとんど動かず立ちっぱなしだったのです。
ただ、回数を重ねていくうちに慣れてきて、なんともなくなってしまいましたあとは、本当に何もすることがないので、暇で暇で仕方がないということです。もちろんスマートフォン(当時は携帯電話でした)をいじるなんてもっての外なので、ただただ立ち続けるしかありません。
それでも何度もやっていると段々ひざの裏の傷みは軽くなってきますし(慣れてくると言った方がいいかもしれません)退屈の凌ぎ方も上手になっていきます。
以上のように、私がやっていたプラカード持ちのアルバイトは、非常に暇で退屈な仕事内容でした。それが 楽かというと人によると思います。ちなみに給料は一日5~6千円ほどでそれほど悪い金額でもありませんでした。
いずれにせよプラカード持ちのアルバイトは、忍耐力以外特別なスキルがいらないアルバイトなので、機会があったら気楽にやってみては如何でしょうか?
                                     (20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク